中東への旅行が大ブーム!中東イスラム圏を女子ひとり旅するなら絶対知っておくべきポイントは?

ラクダで観光

ここ数年、モロッコやトルコ、ドバイなど、中東イスラム圏への旅行が女性の間で大ブーム!オリエンタルでエキゾチックな文化を体感してみたいと、ひとり旅を計画する女性が多くなっています。でもそんな時に気になるのが、中東の治安情報。テロや暴動なども多く、イスラム教ってなんて怖いんだろう…と、なかなか一歩踏み出せない方も多いかもしれません。でも勘違いしてはいけないのが、イスラム国とイスラム教は全く別物だということ。世界三大宗教のひとつで、キリスト教に次いで信者の多いイスラム教。一部の原理主義者がテロや暴動を起こしていますが、真のイスラム教は慈悲深く愛に溢れる宗教です。

現地の人からお茶をもらう

実際にエジプトやモロッコ、トルコなどのイスラム圏を旅すると、他の地域より人々がフレンドリーで優しいことに気付くはずです。目が合って挨拶したらもうお友達で、もてなし好きの彼らはお茶やお菓子のサービスは当たり前、自宅での食事に誘ってくれたり、あれこれ旅のお世話を焼いてくれようとします。宗教上、人の物を盗むと手を切られるとの教えもあり、意外とスリや窃盗などの犯罪も少ないので安心して街を歩くことができるのです。

イスラム圏の女性たち

しかし、注意して旅行する分には特に問題ありませんが、女性が旅する時には注意しなければいけないポイントがあります。 それは、セクハラの多さ。宗教上、同じイスラム教の女性に触れることができない男性は、外国人である私たちなら大丈夫だろうとむやみやたらに触ってきます。女性は肌や髪を隠す宗教ですので、普段見えていない女性の肌や髪の毛が露出されていることに慣れていないのです。イスラム圏を女性ひとりで歩くときは、できるだけ肌を隠し、髪の毛もスカーフや帽子などで隠すようにしてください。

イスラム圏の男性たち

また、日本人の女性はイスラム圏の男性から想像以上にモテます!断言します(笑)。その理由は、いつも笑顔で礼儀正しく、清潔で色白で肌のきめが細かく、そしてお金を持っているからです。日本人というだけでたくさんの男性から声をかけられ、口説かれるようなことが多々あります。勘違いしてすぐに付いていかなように、ある程度のお誘いを振り切る勇気を持ちましょう。 やはり安全を考えるなら、イスラム圏では男性と一緒に歩いているほうが危険に巻きこまれにくくなります。泊まったホテルに日本人の男性旅行者がいれば、一緒に歩いてもらうのも一つの手。ひとりで歩くなら、あまりお化粧はせずに、愛想よく笑顔を振りまくのも控えめにしたほうが、セクハラから身を守ることにつながります。

ラクダに乗って砂漠を歩く

今まで体感したことのないような、興味深い文化に触れられるのが中東旅行。ラクダに乗って砂漠を歩くなんて究極の体験は、一生の思い出として刻まれるはずです。海外渡航安全情報を見ながら、しっかりイスラム圏のポイントを押さえて、楽しい中東旅行を実現させてくださいね♪

※情報は記事公開日時点のものになります。
南まい
南まい

510日間100ヶ所以上の世界遺産を周って世界一周しました!
女ひとり旅本「独女世界放浪記」(ポプラ社)を出版後、
NHK BS1「エルムンド」海外レポーターとして約70日間の世界二周目も達成!
現在は添乗員として月の半分以上を海外で過ごしています。訪問国数80カ国以上。