レトロでおしゃれ♡石川県屈指の温泉地・山代温泉「古総湯」で明治時代にタイムスリップ?!

北陸新幹線の開通により、東京からグッと行きやすくなった石川県。県内有数の温泉地である山代温泉には、明治時代の共同浴場「総湯」が復元されていて、実際に入浴することもできるんですよ。文人墨客も愛した名湯を堪能しちゃいましょう!

九谷焼のタイルやステンドグラスが施された美しい温泉

古総湯

山代温泉の歴史は古く、奈良時代に遡ります。伝説では八咫烏(ヤタガラス)が湧き水で傷を癒していたところを、高僧・行基が見つけ、その湧き水が温泉となったと言われています。戦国時代には、明智光秀も湯治に訪れたと伝えられており、切り傷や乾燥肌などの治癒、改善に効果が期待できます。また、与謝野晶子や北大路魯山人など文化人にも愛された名湯なんです。

@mai51157370がシェアした投稿

江戸時代には、「総湯」と呼ばれる共同浴場を中心に町が造られ、旅館や商店が立ち並びとても賑わっていたそう。このような町並みは「湯の曲輪(ゆのがわ)」と呼ばれ、北陸独特のものなんだそう。温泉が町の中心だなんて、風情があっていいですよね。

そんな、町のシンボルでもある総湯を復元したのが「古総湯」です。明治時代の総湯の造りをモデルに、屋根には薄い板を使った伝統的手法のこけら葺きや、地元の古瓦を使用して造られています。凝っているのは外観だけでなく、浴場内は細かな絵が一枚一枚に描かれた九谷焼のタイルや明治時代に流行したステンドグラスなどで美しい装飾が施されています。夜にはライトアップされた外観がとてもきれいなので、ぜひ見てみてくださいね♪

これぞ温泉の楽しみ方!古総湯では昔ながらの温泉体験ができる

古総湯は見た目だけでなく、入浴方法まで当時のスタイル。それは「湯あみ」と言って、かけ湯をして湯船に浸かるだけのシンプルな入浴方法なんです。浴場にはシャワーやカランの設備は無く、シャンプーや石鹸などの使用はできませんのでご注意を。
浴場の美しい装飾を見ながら、源泉かけ流しの温泉にゆっくり浸かれば、癒されること間違いなし。明治時代にタイムスリップしたような気分を味わえるかも♪

もう一つの山代温泉・総湯も楽しもう!

古総湯でシャンプーや石鹸が使えないのはちょっと…という方もご安心ください!古総湯には2009年にオープンした共同浴場「総湯」が隣接しており、そちらには洗い場が完備されているので、石鹸類を使用できますよ(備えつけではないので、持参するか番台で購入)。温泉はもちろん源泉かけ流しで、天窓のある開放的な浴場が特徴。古総湯と総湯の両方に入浴できるお得な共通券が販売されているので、利用してみてはいかがでしょうか。

濃厚なめらか♡温泉玉子を使ったソフトクリーム

温泉でぽかぽかに温まった後は、冷たいソフトクリームでひと息つくのはいかが?総湯の売店では、温泉まんじゅうや温泉玉子などを販売しています。なかでもオススメは「温泉玉子ソフト」!かなり意外な組み合わせですが、とろりとした温泉玉子とソフトクリームの相性はバッチリ♡よくかき混ぜると、カスタードクリームのような濃厚な味わい。ハマりますよ!お好みで醤油をかけると、アクセントになってさらに美味♪

コンパクトで回りやすい温泉街、山代温泉。レトロでオシャレな温泉なので、SNS映えしちゃいますよ。インパクトのある温泉玉子ソフトもフォトジェニック!温泉好きの方だけでなく、女子旅にもオススメの山代温泉。行ってみましょう!

■山代温泉 古総湯
住所
石川県加賀市山代温泉18-128
営業時間
6:00~22:00
定休日
毎月第4水曜6:00〜12:00(正午から通常営業)
電話番号
0761-76-0144
■山代温泉 総湯
住所
石川県加賀市山代温泉万松園通2-1
営業時間
6:00〜22:00(売店は7:00~20:00)
定休日
毎月第4水曜6:00〜12:00(正午から通常営業)
電話番号
0761-76-0144
※情報は記事公開日時点のものになります。