世界遺産「白川郷」雪のライトアップへ行ってみよう!ポイントや注意点をご紹介!

岐阜県にある白川郷。1995年に世界遺産としても登録され、今や日本のみならず世界中から人気のスポットです。豪雪地ならではの伝統が息づく合掌造り集落は年間通して風情を感じられますが、ライトアップの期間に見るのが特におすすめなんです。そこでここでは、ライトアップ時の見学に関する注意点、おすすめの服装、アクセス方法をご紹介します!

白川郷のライトアップってどういうもの?

ライトアップ白川郷

白川郷の合掌造り集落は、年に数回しかライトアップされないのをご存知でしたか?夜闇にぼんやりと浮かぶその姿はまるで童話の世界のようで、とても幻想的でロマンチック!その光景を目にしようと、世界中から観光客が訪れます。

白川郷のライトアップにはどんな服装で行ったらいいの?

白川郷のライトアップは、寒い時期、しかも夜に行われますので、防寒対策は欠かせません。上着はダウンコートがベターで、マフラーや帽子、耳当てやカイロなど、できるだけ温かくする必要があります。靴は底に溝があり、滑りにくいものを用意しましょう。防寒対策も兼ねて、長靴なら間違いありません。
雨具に関しては、転倒時に手が使えるように傘よりもレインコートがおすすめ。レインコートなら、強風で傘がさせないときでも安心ですよ。
暗い場所もあるので、懐中電灯を持っていくと良いかも知れません。

白川郷へ出発!ライトアップ時の注意点やポイント

白川郷

「白川郷ライトアップイベント」は、大盛況を受けて平成29年度よりルールが改正されました。
マイカーやタクシーは「マイカー専用駐車場」にいったん止め、そこから無料シャトルバスを使って会場間を往復します。この辺りは豪雪地帯なので、チェーンやスタッドレスタイヤが必須です。入場制限が設けられる事もありますので、マイカーで行く予定の方は時間に余裕を持って出かけましょう。公共交通機関を利用する場合は高山駅、金沢駅、高岡駅、名古屋駅からバスが運行しています。近隣の宿泊施設はすぐに満室になってしまいますので、復路も抑えておくと安心です。

都内発のツアーに参加するのもオススメです♪ ツアーには白川郷だけでなく、周辺の観光や温泉宿泊などが一緒になっているものが多く、岐阜観光も兼ねて楽しめるのが嬉しいですね。
ライトアップされた白川郷の美しさは、うっとりすること間違いなし♪しっかりスケジュールを組んで、万全の防寒対策で臨んでくださいね。

■白川郷ライトアップ
住所
岐阜県大野郡白川村荻町1086
開催期間
平成30年1月21、28、2月4、12
開催時間
17:30~19:30
電話番号
05769-6-1013
この記事は2016年12月24日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。