純白の石灰棚と青く輝く天然のプールが作り出す絶景!トルコの世界遺産「パムッカレ」

真っ白の石灰棚に青く流れる温泉が美しいパムッカレ!一生に一度は見てみたい絶景ですよね。世界遺産に登録されていて、ここを目的にトルコを訪れる人もいるほど人気のスポットです。長い時間をかけて自然の力が作り出したこの景色を目の前にすれば、きっと誰もが感動するはず。

トルコ有数の絶景スポット「パムッカレ」

パムッカレ石灰棚

パムッカレとはトルコ語で“絹の城”という意味。その名の通り、絹のようにきらきらと輝く真っ白な石灰棚にブルーの温泉が流れる様子が、とても幻想的で、世界中から訪れる観光客を魅了し続けています。この不思議な景観を作り出したのは、炭酸カルシウムを含んだ温泉水。長い歳月をかけ、山肌を流れ落ちる温泉の石灰成分が蓄積されて、世にも珍しい純白の絶景が生まれました。

パムッカレ石灰棚2

パムッカレ観光のいいところは、その景色を眺めるだけでなく、石灰棚の中を歩くことができる点。景観保護と安全のため、歩く際には裸足です!足元は滑りやすいので注意しながら進んでください。こんな景色の中を歩いていたらなんだか非日常的な気分に浸れそうですね♪

■ヒエラポリス・パムッカレ
住所
 20280 Pamukkale, Denizli
営業時間
6:30~21:00
定休日
電話番号
+90 258 264 3971

古代ローマ時代の遺跡「ヒエラポリス」

ヒエラポリス

パムッカレの丘の上にあるヒエラポリス遺跡は、良質な温泉を求めて紀元前2世紀に建設された、古代ローマ時代の温泉保養地。円形劇場、神殿跡、ローマ式公衆浴場など、ローマ帝国の栄華を思わせるいくつもの遺跡が現存しています。特に円形劇場は、トルコに残っているものの中で一番保存状態がいいと言われています。当時の生活に思いを馳せながら情緒ある遺跡の中を歩いてみたいですね♪

遺跡が沈む温泉プール!パムッカレ・テルマル

パムッカル・テルマル

パムッカレの石灰棚の最上段に、パムッカル・テルマルという屋外の広い温泉施設があります。この温泉の醍醐味はプールの底に沈む本物の遺跡!もともと神殿があった場所で、崩れた跡を生かして施設化されているのですが、貴重な遺跡を直接触りながら入浴をできる、なんとも珍しい温泉なのです。水温は人肌程度なので、私たちがイメージする温泉より低め。寒い冬の時期は入るのがちょっと辛いかもしれません…。入場は有料で、見学だけなら無料でできます。温泉も楽しんでみたい方は水着の準備をお忘れなく!


美しすぎる自然の造形だけでなく、古代ローマ時代をしのばせる遺跡が残るパムッカレ。それに、遺跡が沈む温泉まであるなんて本当にすごいですよね!トルコ旅行の際には外せない観光スポットなので、ぜひ行ってみてくださいね♪

※情報は記事公開日時点のものになります。