長野県・上高地観光のおすすめシーズンは新緑の初夏と秋の紅葉!爽やかな日本アルプスでハイキング♪

長野県にある上高地は毎年、新緑の時期になると多くの観光客で賑わいます。美しい自然が織りなす“神の降り立つ地”と呼ばれる、ハイキングスポットとしても人気の場所です。

“神の降り立つ地”上高地はどういうところ?

上高地
Photo credit: skyseeker via Visualhunt.com / CC BY

長野県松本市にある上高地は、標高約1,500メートルにある景勝地。“神の降り立つ地”とも呼ばれ、美しい自然が織りなす、日本屈指の山岳地として人気です。また、「特別名勝・特別天然記念物」にも登録され、貴重な日本の風景の財産として、訪れる人の心を癒やしているのです。

上高地 河童橋

上高地のシンボル的存在といっても過言ではないのが「河童橋」。木製の橋の上から見える「穂高連峰」や「焼岳」、緑に映える「ケショウヤナギ」、「梓川」の水面などの風景は、訪れる人の心をとらえて離しません。

ウォーキングやハイキングに最適

上高地 ニリンソウ

5月中旬に入ると新緑の時期になり、花々も満ちてきます。上高地の遊歩道にはニリンソウなどの可憐な花が咲き、あなたを迎えてくれるでしょう。平均気温は、年間を通して5℃から13℃なので、日中爽やかな晴天が続きウォーキングに最適なので、もちろんハイキングにも人気のスポットとなっています。ですが、朝晩は都心と比べるとだいぶひんやりしていますので、温度調節ができる上着などがあるとベスト。

新緑の頃の見どころスポットは?

上高地 大正池

大正池から見える“逆さ穂高”はまるで絵に描いたような美しい風景。風の無い、晴天の日だとリフレクションが特に美しいですよ。

上高地 梓川と穂高岳

新緑の頃はみずみずしい緑と、流れる川が涼しげです。

秋の紅葉シーズンもかなりおすすめ!

上高地 紅葉

紅葉の時期も観光客が多く訪れるハイシーズンで、ハイカーが行き交いますよ。8月下旬から始まる草紅葉が、徐々に山々を彩りまるでパッチワークのように染まっていきます。

バスツアーもあるので気軽に行けるのが嬉しい!

関東からは高速バスやツアーバスが出ており、日帰りで上高地に行くことができます。
バスツアーなら乗っているだけで良いので、お友達や家族とゆっくりした旅を楽しむことができますよ♡上高地に着いたらフリータイムもありますから、好きなところを歩いて散策できるのです。マイカーで行く方は駐車場の規制をしているため、平湯の「あかんだな駐車場」または「沢渡駐車場」に停めてからバスかタクシーで行かなければならないので、気をつけてください。

■上高地
住所
長野県松本市
電話番号
0263-95-2433

自然溢れる上高地があなたを待っています!新緑の時期はもちろん、紅葉の時期も美しい上高地で爽やかなハイキングをしに行きませんか♡

この記事は2017年4月25日に公開されたものを編集したものです。
※情報は記事公開日時点のものになります。