今さら聞けない?!日本三大ラーメンとは?魅力や特徴に迫ります!

「好きな食べ物はラーメン」という方も多いのではないでしょうか。日本各地には様々なラーメンがありますが、日本の3大ラーメンがどれかご存じですか?同じラーメンでも、味、麺、具材まで全然違うのがラーメンの魅力。今回は3大ラーメンについてご紹介します!

【北海道】札幌ラーメン

「札幌といえば味噌ラーメン」と思う人も多いと思いますが、実は札幌のラーメン店の多くは「醤油・味噌・塩」の3種類を提供しているので、味噌ラーメンだけではなく札幌発祥のラーメン全般を指します。
麺はコシのあるモチモチとしたちぢれ麺、スープは豚骨などを煮出しているのですが、北海道の気候を考慮して冷めにくいようにラードで表面を覆うという、まさにその土地ならではの工夫!具材は一般的なラーメンの具であるチャーシュー・ネギ・メンマの他に、野菜炒めものせるのが定番。これは昭和30年頃に「味の三平」で登場した味噌ラーメンのスタイルが始まりなんだとか。また、味噌ラーメンではチャーシューではなく挽肉を使うお店が多いのも、味の三平発だそう。
野菜も沢山摂れるとあって、女性でも喜んで食べたくなりますよね♪

【福岡】博多ラーメン

田中商店博多長濱 博多ラーメン

Photo credit: wongwt on Visual Hunt / CC BY-SA

何と言っても博多ラーメンの特徴は、白く濁った豚骨スープ。しかし、味付けや風味などはお店ごとに全然違うのがこの博多ラーメン。その違いを比べたくて数々のお店に足を運ぶ人も多いかと思います。麺は加水率(小麦粉に加える水の割合)の低い極細のストレート麺。この麺がスープの味をよく絡めてくれ、さらに他の3大ラーメンとの大きな違いでもある「麺の硬さを選べる」「替え玉」といった特色を生んでいると言えます。加水率が低い=伸びやすいため、1玉の麺の量が一般的なラーメンよりも少ないのだそう。女性でも気軽に替え玉出来ちゃいますね♪
具材はネギ・チャーシューが主流で、キクラゲ、もやし、海苔などを加えているお店もあります。テーブルの上に紅ショウガや白ごま、辛子高菜などを置いてあるところが多く、自分好みにトッピング出来るのも魅力。最初はスタンダードのまま食べて、替え玉で色々トッピングをして味の変化を楽しむ…なんてことも出来ちゃうのがいいですよね!替え玉した時にスープが薄くならないように、ラーメンのタレがテーブルに置いてあるお店も多いです。現地に行ったら屋台で本場の博多ラーメンを食べるのもオススメです!

【福島】喜多方ラーメン

喜多方ラーメン

Photo credit: Jun Seita on Visual hunt / CC BY

豚骨ベースと煮干しベースをブレンドし醤油味に仕立てたスープが基本の喜多方ラーメンは「平打ち熟成多加水麺」という太くて柔らかなちぢれ麺が使われています。具材はチャーシュー、ネギ、メンマ、なると…といったごく一般的なもの。どうしてこんなに有名になったかというと、1983年頃に県の観光連盟などがこのラーメンを「喜多方ラーメン」と名付け、雑誌や全国ネットのテレビでPRするようになったからと言われています。その後、様々な地方の名がついたラーメンが登場するようになったので、喜多方ラーメンはまさに、“ご当地ラーメンの第一人者”とも言える存在なのです。

他にも人気のご当地ラーメンはこちら♪

尾道ラーメン

Photo credit: hatch.m on Visualhunt / CC BY-SA

もちろんご当地ラーメンは他にもたくさんあります!例えば瀬戸内海の小魚・いりこだしを使った澄んだ鶏がらスープをベースに、豚の背脂のミンチがのっていて、濃淡のコラボレーションが絶妙な味の広島・尾道ラーメン。また、濃い醤油の色をしたスープながら、実はさっぱり!細いちぢれ麺との相性抜群な岐阜の高山ラーメンも人気です。 ラーメンと言えどもひとくくりにはできません!是非色んな味のラーメンを食べてみてくださいね♪

この記事は2016年10月20日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。