東南アジア初の世界複合遺産!! ベトナム「チャン・アン」で息をのむ絶景に出会う

ベトナムの世界遺産といえば水墨画のような風景のハロン湾が有名ですが「陸のハロン湾」として注目されている、チャン・アンをご存じですか? ここは自然遺産と文化遺産の両方の要素を持つ世界複合遺産として東南アジアで初めて登録されました。複合遺産は、アジア全体でみても中国に4カ所、インドに1カ所しかありません。いったいどんな世界遺産なのかご紹介します。

「チャン・アン」とはどんなところ?

ベトナム チャン・アン
ベトナム チャン・アン

ベトナム北部のニンビンに位置し、2014年にチャン・アン、タムコック、ビッグドンなどの風景区が総合されて「チャン・アン複合景観」として世界遺産に登録されました。海底が長い年月を経て石灰岩として隆起し、後に池の水が浸食(しんしょく)したことから奇岩が連なる雄大な景観が生まれました。

チャン・アン複合景観

ベトナム初の独立王朝の都があった古都「ホアルー」

ベトナム 古都ホアルー
ベトナム 古都ホアルー

「チャン・アン複合景観」の複合遺産の文化的要素を担うのがチャン・アンにほど近い「ホアルー」です。10世紀の終わりにベトナムで最初の独立王朝が生まれ、首都はホアルーに置かれました。現在でも歴史的建造物が数多く残っていて、古都の雰囲気を色濃く残しています。

ホアルー

手漕ぎボートで洞窟へ!! 「タムコック」で迫り来る絶景を楽しもう

ベトナム チャン・アン・ボートクルーズ
ベトナム チャン・アン・ボートクルーズ

タムコックとは現地の言葉で「3つの洞窟」という意味です。こちらでは、洞窟をめぐるボートツアーが体験でき、手漕ぎのボートを使い奇岩やのどかな田園風景をゆったり楽しむことができます。また洞窟内部では、岩場が頭上すれすれまで迫ってくる場所もありスリル満点です。ボートツアーは2時間ほどです。

タムコック

ハノイからのアクセスは?

チャン・アン観光の拠点となる町はハノイから100キロほど離れた「ニンビン」です。ハノイからニンビンまでは電車またはバスで2時間ほどで、ニンビンからチャン・アンまでは公共の交通機関がないので、タクシーを利用してください。ハノイ発着の日帰りツアーもおすすめです。

チャン・アンで出会える美しい景色には、思わず言葉が出なくなってしまうかもしれません。ベトナムを訪れる機会があれば、ぜひプランに入れてくださいね。

この記事は2018年8月22日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、掲載中のイベントは延期または中止、各施設の営業時間変更または臨時休業となる場合がございます。事前にイベント主催者や各施設のウェブサイト等でご確認ください。