新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、掲載中のイベントは延期または中止、各施設や店舗は営業時間変更または臨時休業となっている場合があります。事前にイベント主催者や各施設の公式ウェブサイト等でご確認ください。

  • Akane

タイ北部の小さな町パーイはまるで山奥にひそむ桃源郷!! 心ゆくまでのんびりしよう!

タイ北部に位置する、「パーイ」という小さな町をご存じですか? 山奥にたたずむ田舎町であるにもかかわらず、世界中の旅行者から絶大な支持を得ている人気スポットなんです。その理由は町全体を覆うなんともスローな空気です。中心部には個人経営のお土産店や、カフェ、レストラン、マッサージ店などが建ち並んでいます。中心部はなかなか活気がありますが、少し外れると、のどかな田舎の景色が広がっています。
旅の醍醐味であるショッピングと、人里離れた山奥のアウトドアが一度に楽しめるのがパーイの大きな魅力です。タイの都市部では当たり前となった大きなビルや、バイクの騒音がない環境で、自分の時間を思い思いに過ごせる桃源郷のような場所なんです。

バックパッカー宿やゲストハウスでお手頃価格で滞在できる

パーイの村
パーイの村
photo by Akane

その昔、東南アジアを周遊中のバックパッカーがパーイを訪れた際、あまりの居心地の良さから町に住み着いたのが、観光地として栄えたきっかけと言われています。それだけに、パーイにはお手頃価格で滞在できるバックパッカー宿や、ゲストハウスがたくさんあります。
一番安く済ませるならドミトリータイプの部屋がおすすめです。共同部屋はちょっと…という人もご安心を! シングルルームやファミリールームでも、日本と比較するとかなりお手頃価格です。ほとんどのゲストハウスが町の中心部にあるか、中心部まで徒歩圏内に位置しています。

峡谷や滝など! パーイには自然を満喫できる観光スポットが豊富

パーイ・キャニオン
パーイ・キャニオン

ぶらぶら歩くだけでも楽しいパーイの町ですが、近郊にある観光スポットへ足を延ばしてみると、山奥の大自然をさらに満喫できます。パーイのグランドキャニオンと呼ばれる、とっても小さな“パーイ・キャニオン”や、滑って遊べる“モーペン滝”、森林の中で温泉やキャンプを楽しめる“ターパイ温泉”、象たちと触れ合える“エレファント・キャンプ”など、選択肢は盛りだくさんです。
バイクを借りれば一日で複数の場所を見て回れますが、タイでのバイク運転は知識と経験がないとかなり危険なため、現地ツアーを申し込むと安全です。町の旅行代理店、もしくは滞在する宿泊施設の受付で確認してください。ツアー代金はだいたい一日500バーツ(※約1,810円)からです。
※1バーツ=3.62円:2020年1月22日現在

雰囲気たっぷりのパーイのナイト・マーケットでショッピング

パーイのナイトマーケット
パーイのナイトマーケット
photo by Akane

パーイが一番活気づくのは夜の屋外ナイト・マーケット「Pai Walking Street(パーイ・ウォーキング・ストリート)」です。タイの名物料理や、地元ならではの民芸品、土産店など、さまざまなお店が並びます。昼間にショッピングをするのもいいですが、日中は気温も湿度も高いため、散策するには少しきついかもしれません。日が落ちたあとの涼しい時間帯こそ、時間をかけて外歩きやショッピングを楽しむ絶好のチャンスです。ストリートパフォーマーが賑やかな夜の雰囲気をさらに盛り上げてくれ、町は毎晩最高の雰囲気に包まれます。
パーイは小さな町なのでマーケットの規模もそこまで大きくなく、人混みや騒音であふれ返ることがないのも大きな魅力です。屋台でお菓子やフルーツなどを買って、町の中心を流れる川べりで夜のピクニックを楽しむのもおすすめです。ナイト・マーケットと合わせてカフェやレストランも夜遅くまで営業しているので、心ゆくまで夜の時間を楽しめます。

Pai Walking Street(パーイ・ウォーキング・ストリート)
住所
Rural Rd Mae Hong Son 4024, Wiang Tai, Pai District, Mae Hong Son 58130, Thailand
営業時間
16:00~22:00
定休日
なし(4月~9月の雨季の悪天候時は休業)

パーイへのアクセスはタイ北部最大の町チェンマイから

パーイ のどかな景色
パーイ のどかな景色
photo by Akane

パーイへは、タイ北部最大の町チェンマイから行けます。交通手段は車やバス、バイクなど、さまざまな方法がありますが、無難な方法を選びたいなら冷房付きのミニバンの利用をおすすめします。「Prempracha Transport(プレンパチャー・トランスポート)」を利用すればチケットは片道150バーツ(※約543円)です。町の代理店、もしくは運用会社のウェブサイトから予約できます。
しかしここで1点、必ず心に留めておいてほしいことがあります。それはパーイへの山道は、道中に700カ所以上ものカーブがあること! このグネグネ道を越えないとたどり着けないため、車酔いをしやすい方は、必ず乗車前に酔い止めを服用しておいてください。
※1バーツ=3.62円:2020年1月22日現在

◎チェンマイからパーイへのミニバン
<料金>150バーツ

パーイへのミニバン乗り場
住所
165, Soi 5, Kaeonawarat Road, Tambon Wat Ket, Amphoe Mueang Chiang Mai, 50000, Thailand

タイの旅行先を選ぶなら、バンコクなどの都会の賑わいも楽しいですが、田舎町のスローな雰囲気も良いものです。そんな雰囲気を楽しみたくなったら、ぜひ北部の町パーイを訪れてください。

この記事は2018年4月26日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。

旅するフリーランスイラストレーター、デザイナー兼バリスタ。イギリスで英語とデザイン留学、カナダ・オーストラリア・ニュージーランドでワーホリを体験し、現在海外ノマド生活中。ブログにて5年以上の海外生活や旅の中で培ってきた知識、英語、旅行、海外ノマド情報を発信中!