ため息の出るような美しさ。スペイン「アルハンブラ宮殿」でイスラム建築の造形美に触れる旅。

アルハンブラ宮殿
アルハンブラ宮殿

スペイン南部アンダルシア地方の都市グラナダにある「アルハンブラ宮殿」。スペインを代表する世界遺産のひとつで、かつてイベリア半島を統治していたイスラム王朝最後の王国となったグラナダ王国が築いた宮殿です。現在では、アルハンブラ宮殿の見事なイスラム建築をひと目見ようと世界中からの旅行者が訪れています。いったいどんな宮殿なのかご紹介します。

アルハンブラ宮殿の歴史

アルハンブラ宮殿
アルハンブラ宮殿

アルハンブラ宮殿の歴史は古く、幾度かの増築を経て13世紀には現在の形に近いものになったと言われています。イスラム王朝が終焉(しゅうえん)を迎えた後もグラナダの街を見守り、当時のイスラム王朝の栄華と建築の美しさを現代にまで伝えています。そんなアルハンブラ宮殿を一望できるおすすめスポットが「サン・ニコラス展望台」です。憂愁に満ちたそのたたずまいと周囲の景色とが織りなす風景は一服の絵画のようでため息の出るような美しさです。

サン・ニコラス展望台
住所
Plaza Mirador de San Nicolás, 2,
18010 Granada, Spain

美しく繊細な建築が最大の見どころ

アルハンブラ宮殿
アルハンブラ宮殿

アルハンブラ宮殿のポイントは、展望台から望むパノラマやエキゾチックな庭園などいくつもありますが、最大の見どころはやはりその建築美。高度なイスラム建築の技術が集約されたこの宮殿は、重厚な外観からは想像がつかないほど、内部は繊細な構造や装飾が施されています。

アルハンブラ宮殿
アルハンブラ宮殿

透かし彫りの窓から差し込む光は暗い室内の装飾を照らし出し、立ち並ぶ円柱は回廊に美しい影を写し出します。光が差し影ができることで神秘的な美しさを堪能できます。

市街地からのアクセス

グラナダの街の中心からアルハンブラ宮殿へはヌエバ広場から出ているバスに乗り約10分、徒歩では40分ほどです。混雑時期はバス停に列ができるので、時間に余裕を持って行ってください。丘の上にある宮殿まで歩くのにはかなり体力を使います。歩いてみたい方は、往きはバスを利用し、帰りに散策しながら降りてくることをおすすめします。

アルハンブラ宮殿
住所
Calle Real de la Alhambra, s/n, 18009 Granada, Spain
営業時間
3~10月/08:30~20:00
11~2月/08:30~18:00

いかがでしたか? イスラム建築の傑作と称賛されるアルハンブラ宮殿。その美しさを堪能してみてはいかがですか?

この記事は2018年12月25日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、掲載中のイベントは延期または中止、各施設の営業時間変更または臨時休業となる場合がございます。事前にイベント主催者や各施設のウェブサイト等でご確認ください。