新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、掲載中のイベントは延期または中止、各施設や店舗は営業時間変更または臨時休業となっている場合があります。事前にイベント主催者や各施設の公式ウェブサイト等でご確認ください。

紺碧の地中海に浮かぶ、ギリシャの「クレタ島」で歴史のロマンを感じてみませんか?

「クレタ島」はギリシャ共和国内では最大、地中海では5番目の大きさの島です。透き通ったブルーの海が美しく地中海屈指のリゾート地として人気がある一方、ヨーロッパ最古の文明の一つ「ミノア文明」が栄えた島で、多くの遺跡が見られることでも有名です。この記事では、古い歴史と美しい景観を持つ「クレタ島」の魅力をご紹介します。

クレタ島観光拠点の街「イラクリオン」

クレタ島 イラクリオン港
クレタ島 イラクリオン港

クレタ島最大の街「イラクリオン」は島の主な玄関口であり、クノッソス遺跡観光の基点になる街です。この街にある「イラクリオン考古学博物館」は、紀元前3000年~1400年頃に繁栄していたと言われるミノア文明時代のコレクションをはじめ、クレタ島の歴史を語る武器、道具、芸術品など1万5千点にもおよぶ展示品の数々を見学でき、クレタ島観光では必ず見て欲しいスポットの一つです。ギリシャ最古の文明と言われ、未だ多くの謎に包まれているミノア文明。貴重な出土品が展示されているのはギリシャ国内でこの博物館だけです。

イラクリオン考古学博物館
住所
Iraklio 712 02, Greece

謎多きミノア文明の遺跡「クノッソス宮殿」

クレタ島 クノッソス宮殿
クレタ島 クノッソス宮殿

古代ミノア文明の中心だった宮殿の遺跡「クノッソス宮殿」は、イラクリオンからバスで約30分のところにあります。迷宮のように複雑な構造をしていた遺跡には、王や王妃の間、水洗トイレや浴場跡が残っており、当時の生活の様子を垣間見ることができます。王宮外側にはエーゲ海へと続く「王の道」と呼ばれる通りがあり、“ヨーロッパ最古の道”と言われています。遺跡では多くの壁画を目にしますが、それらは復元されたもので、発掘されたオリジナルはイラクリオン考古学博物館で管理されています。ギリシャ神話の舞台にもなっているというクノッソス宮殿の遺跡。かつての栄華に思いを馳せながら見学してみてはいかがでしょうか。

クノッソス宮殿
住所
Heraklion 714 09, Greece

異文化が作り出した美しい景観「ハニア」

クレタ島 ハニア
クレタ島 ハニア

「ハニア」はクレタ島で2番目に大きな街です。ミノア文明以降いくつもの異なる国の支配を受けてきたことから、あらゆる文化が混在し興味深い歴史を持った街になっています。ハニアを代表する人気スポット「オールド・ヴェネチアン・ハーバー」にはヴェネチア風の建物が建ち並び、カラフルな街並みと綺麗な青い海が織り成す風景は、どれだけ見ていても飽きません。屋根にある複数のドームが特徴的な「ヤリジャーミシモスク」は、オスマントルコ時代の面影を感じさせます。ハーバー沿いのカフェやレストランに立ち寄ってゆっくりとその風景を堪能してみてもいいですね。ハニアは街歩きが楽しいので、いろいろな通りを散策してみてください。

ハニア

クレタ島への行き方

エーゲ航空の飛行機
エーゲ航空の飛行機
photo by Alan Wilson

クレタ島は、エーゲ海の他の島も訪れることができるクルーズツアーが人気です。クレタ島とサントリーニ島に立ち寄るツアーが多くあり、日本からのパッケージツアー利用の観光日数はアテネ市内の観光も含まれていて6~10日間が主流です。
個人でクレタ島のみを訪れたい場合は、アテネから飛行機でイラクリオンかハニアへ行くのが早くて便利です。

古代文明の遺跡が数多く残るギリシャにあるクレタ島。歴史ロマンあふれる旅に出かけてみませんか?

この記事は2018年7月28日に公開されたものを編集したものです。

 

※情報は記事公開日時点のものになります。