函館のシンボル!冬の「五稜郭」で幻想的なイルミネーションを楽しもう

函館を代表する観光スポット「五稜郭」。函館市のほぼ真ん中にあり、東京ドーム約3個分の広さです。ヨーロッパの文化を取り入れ防御に適した五角形に建てられているのが特徴で、星形要塞と呼ばれています。日本でこの形式の城郭が見られるのはここと長野県佐久市にある龍岡城だけですが、龍岡城は現在小学校となっているので実質函館の五稜郭のみが現存する星形要塞なのです。
幕末の戦争の舞台となったことから歴史好きに人気の場所で、広大な園内では春は桜、秋は紅葉を楽しめます。また、冬にはイルミネーションが開催され、多くの観光客が訪れます。

五稜郭タワーからの景色は必見!

雪原の五稜郭タワー

幕末期の激動の歴史を今に伝える五稜郭公園。園内には箱館奉行所が再現されていて、貴重な資料や映像を見ることができます。他にも土塁や石垣、土蔵などがあり当時の面影を見ながら散策を楽しむことができますよ。そして散策後は、上からの景色を楽しみましょう。五稜郭タワーからは、パンフレットなどで目にする五稜郭の定番の姿を見ることができますよ。

五稜郭タワー 展望台からの眺め

五稜郭タワーには展望フロアが1・2階とあり、特に地上90mにある2階からの景色は必見。美しい星形を描く城と、遠くには函館山や津軽海峡を望むことができます。また五稜郭に関する展示スペースもあるので、より詳しく知りたい方にオススメ。1階の展望フロアには床がガラス張りになっているシースルーフロアがあり、スリリングな空中散歩気分を味わえますよ。館内にはオリジナルグッズを販売する売店やカフェスペースもあるので、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

五稜郭タワー
住所
北海道函館市五稜郭町43-9
営業時間
4月21日~10月20日/9:00~19:00
10月21日~4月20日/9:00~18:00
五稜星の夢イルミネーション期間中(冬季)/9:00~19:00
1月1日(初日の出営業)/6:00~19:00
休業日
料金
大人/900円、中学生・高校生/680円、小学生/450円
電話番号
0138-51-4785

冬は夜景やライトアップが楽しめる♪

五稜郭 五稜星の夢イルミネーション

五稜郭では桜や紅葉など季節ごとに美しい景色を楽しむことができますが、冬にも見どころがあるんです。12月から2月まで「五稜星の夢(ほしのゆめ)イルミネーション」が開催。1.8kmある堀の周りに約2,000個のライトが設置され、五稜郭の星の形を縁取ります。特に寒い時期には堀の水が凍り、そこに積もった雪に光が反射してより幻想的な雰囲気に。

五稜郭タワー

イルミネーション開催期間中、五稜郭タワーでは夜間特別営業を行っています。特別営業時間は17:00~19:00で、この時間は特別料金で入ることが可能。展望フロアからは五稜郭のイルミネーションはもちろん、函館の夜景も楽しむことができます。タワー内にはツリーやイルミネーションも飾られているので、中でも外でも楽しめますよ。

特別史跡五稜郭跡
住所
北海道函館市五稜郭町44
点灯時間
2018年12月1日(土)~2019年2月9日(土)/17:00~22:00、2019年2月10日(日)~2019年2月28日(木)/17:30~20:00
五稜郭タワー夜間特別料金
大人/810円、中学生・高校生/610円、小学生/410円
※17:00~19:00まで
電話番号
0138-51-4785(五稜星の夢実行委員会)

五稜郭へのアクセス

五稜郭タワーからの眺望

函館空港から五稜郭へのアクセスは、空港循環バス「とびっこ」に乗って約35分の「五稜郭公園入口」降りたら、歩いて約10分で到着。バスは毎日1時間に1本程度運行していて、料金は270円です。 JR新函館北斗駅からの場合も、シャトルバスまたは路線バスで「五稜郭公園入口」まで行くことができますよ。シャトルバスの乗車時間は約30分で料金は800円。路線バスの乗車時間は約40分で料金は640円です。

まるで地上に描かれた星のような景色を楽しめるイルミネーション。イベント初日の12月1日(土)は17:00に花火が打ち上がるので、せっかく行くならこのタイミングを狙いましょう。ぜひ、冬ならではの五稜郭を楽しんでくださいね!

特別史跡五稜郭跡
住所
北海道函館市五稜郭町44
箱館奉行所(五稜郭内)
住所
函館市五稜郭町44-3
開館時間
4~10月/9:00~18:00(受付は17:45まで)、11~3月/9:00~17:00(受付は16:45)
休館日
12月31日~1月3日 ※臨時休館日有り
入館料
一般/500円、学生/250円、未就学児/無料
電話番号
0138-51-2864

※情報は記事公開日時点のものになります。