東京から車で2時間!大自然に囲まれた群馬県「猿ヶ京温泉」で休日を満喫しよう

猿ヶ京温泉は群馬県赤谷湖のほとりにある温泉地。約400年の歴史があり、日帰り温泉や旅館などが建ち並んでいます。都心からのアクセスが良く、車では関越自動車道を経由し約2時間。公共交通機関を利用する場合は、上越新幹線とバスを乗り継ぎ約1時間30分ほどです。

かつて宿場町として栄えた歴史ある猿ヶ京温泉?

猿ヶ京温泉

猿ヶ京温泉は、群馬県と新潟県の境にそびえる谷川連峰三国連山を望む自然豊かな場所。江戸時代には、関東と越後を結ぶ三国街道を行き来する人々の宿場町として栄えた、歴史ある温泉地なんですよ。当時の温泉地はダム建設のため赤谷湖に沈んでしまいましたが、湖のほとりに移転した現在の温泉街には日帰り温泉をはじめ、たくさんの入浴施設があり賑わいを見せています。

猿ヶ京温泉には、たくさんの宿泊施設がありますが、源泉かけ流しの温泉と自家製豆富をはじめとした美味しい料理が自慢の「豆富懐石 猿ヶ京ホテル」がイチ押し。露天風呂はもちろん、岩風呂や檜風呂など様々な浴槽があり、高い天井と大きな梁で昔ながらの湯治気分が味わえるのが魅力です。泉質は無色透明の硫酸塩泉で、冷え症や筋肉痛、疲労回復に効果が期待できるそう。谷川連峰を眺めながら浸かれる露天風呂付客室もあるので、カップルや家族で利用したい方にオススメですよ。

■豆富懐石 猿ヶ京ホテル
住所
群馬県利根郡みなかみ町猿ヶ京温泉1171
電話番号
0278-66-1101

大自然を満喫できる観光スポットが充実

猿ヶ京 紅葉

猿ヶ京温泉は温泉だけでなく、豊かな自然環境も見どころ。谷川連峰三国連山や利根川を有するこのエリアは、2017年にユネスコエコパークに登録されました。総面積の90%が森林で、猿ヶ京温泉からは美しい赤谷湖と季節によって変化する山々の風景を楽しむことができますよ。赤谷湖畔には遊歩道があり、途中には展望台や猿ヶ京関所資料館などが点在しているので、是非、時間にゆとりを持って巡ってみてくださいね。

気ままな散策もいいですが、お地蔵様や神社を巡る「おがんしょ巡り」もオススメ。猿ヶ京温泉にはお地蔵様や祠(ほこら)がたくさんあり、これらを巡ってお参りし願いが叶った後に再びお参りをするという風習があるそう。スタンプラリーが設けられていて、1時間のお手軽コースから全てのおがんしょを巡る3時間30分のコースまであるので、体力に合わせてチャレンジしてみてくださいね。

カヤックやバンジーなどの体験もできる!

赤谷湖カヤック

猿ヶ京温泉は雄大な自然の中で楽しめるアクティビティも魅力。源泉かけ流しの露天風呂がついたオートキャンプ場でのキャンプや、春は新緑、秋は紅葉と絶景を見ながらカヤックができます。冬はスノーシューや雪の上をサーフボードのような雪板と言われるボードで滑るアクティビティも体験できますよ。

猿ヶ京バンジー

色々あるアクティビティの中でも特にオススメなのが、高さ62mの赤谷水管橋からのバンジージャンプ。眼下には湖と緑が広がるので、できることなら猿ヶ京温泉の絶景を楽しみながら飛びたいですよね。初めて挑戦する方はちょっと怖いかもしれませんが、ジャンプ後の達成感と爽快感はチャレンジの甲斐アリですよ♪

ユネスコエコパークにも登録された雄大な自然の中、温泉や観光、様々なアクティビティが楽しめる「猿ヶ京温泉」。バンジーでスリルを味わった後は、お楽しみの温泉に癒されてみてはいかがでしょう。

■猿ヶ京バンジー
住所
群馬県利根郡みなかみ町相俣1731
営業時間
9:00~17:00 (最終受付16:30)
休業日
木曜日・金曜日
対象
年齢/15歳以上、体重制限/40~105kg
料金
1回目/11,000円、同日2回目/8,000円
電話番号
0278-72-8133(コールセンター)
■猿ヶ京温泉
住所
群馬県利根郡みなかみ町猿ヶ京温泉
電話番号
0278-25-4777(猿ヶ京温泉観光情報協会)

※情報は記事公開日時点のものになります。