星空に雲海、紅葉も満喫! 大パノラマの富士見台高原で天空の絶景に酔いしれる

長野県と岐阜県にまたがる「富士見台高原」。標高1,739mの山頂からは、360度の大パノラマを楽しめます。中央アルプス最南端の恵那山をはじめ、小説家・深田久弥の著した『日本百名山』の二十三座を一望できるんですよ。高原内には山岳リゾート「富士見台高原ロープウェイ ヘブンスそのはら」があり、絶景を見ながらの空中散歩ができるんです。

「富士見台高原」で紅葉を楽しむ

四季折々の景色が楽しめる富士見台高原ですが、なんと言ってもおすすめは紅葉の季節です。標高差があるため山の麓、中腹、山頂と段階を経て深まりゆく紅葉を楽しめますよ。
紅葉の見頃は例年10月中旬から11月中旬。公式サイトでは紅葉の最新情報が掲載されているので、お出かけ前の参考にしてくださいね。

ヘブンスそのはらのロープウェイで空中散歩

富士見台高原ロープウェイ ヘブンスそのはら
富士見台高原ロープウェイ ヘブンスそのはら

「富士見台高原ロープウェイ ヘブンスそのはら」の山麓駅は、昼神温泉から車で約15分のところにあります。山麓駅から山頂駅まで、ロープウェイで全長2,549mを約15分かけて登って行きます。ヤマモミジやカエデ、カラマツやミズナラなど赤や黄色のモザイクの世界は必見ですよ。
山頂駅についたら、リフトに乗って標高1,600mの展望台を目指しましょう。展望台リフトのあるセンターハウスまでは、山頂駅から行ける遊歩道があるほか、ペアリフトもあります。

ヘブンスそのはら園内を散策して秋を満喫

富士見台高原ロープウェイ ヘブンスそのはら・いわなの森
富士見台高原ロープウェイ ヘブンスそのはら・いわなの森

センターハウスの先に設置された遊歩道「いわなの森」も紅葉スポットとしてオおすすめです。原生林の中を、1周約40分で散策できますよ。森の中にある池には周りの紅葉が映り込み、この時期ならではの美しい風景が広がっています。

富士見台高原をトレッキングしよう

紅葉の富士見台高原
紅葉の富士見台高原

展望台から標高1,739mの山頂まで、約90分のトレッキングを楽しめます。拠点となる山小屋「萬岳荘」まで展望台から高原バスが出ているので、より手頃に楽しみたい場合は展望台から萬岳荘までバスで約20分、萬岳荘から約30分のトレッキングで山頂まで行けます。

夜は星空、早朝には雲海も! 富士見台高原で絶景を楽しむ

ナイトツアーで満天の星を見よう!

富士見台高原で見られる星空
富士見台高原で見られる星空

富士見台高原は空気が澄んでおり、標高が高いので光害もないことから星空がとてもきれいなんです。期間限定でナイトツアーが開催され、ガイドによる天体解説や天体観測などさまざまなイベントを楽しめます。

雲海の絶景を堪能しよう

富士見台高原で見られる雲海
富士見台高原で見られる雲海

展望台では、雲海も見られますよ。特に秋は雲海の発生率が高く、10月22日(火・祝)〜11月24日(日)の期間は早朝から夕方にかけて「天空の楽園 雲海Harbor」が行われます。 雲海は夜明け前から早朝にかけて発生することが多く、運が良ければ、遠く南アルプスまで広がる雲海を楽しめます。なかなか見ることができない、幻想的な景色を堪能してくださいね。

<天空の楽園 雲海Harbor>
◎期間:10月22日(火・祝)〜11月24日(日)
◎時間:上り 5:30〜7:00 / 下り 〜16:30まで

「富士見台高原ロープウェイ ヘブンスそのはら」へのアクセスは?

バスタ新宿
バスタ新宿

公共交通機関を利用する場合は、高速バスの利用が一般的です。バスタ新宿から飯田行きの高速バスに約4時間5分乗車後、JR飯田駅で路線バスに乗りかえて約45分の昼神温泉郷へ行き、そこからタクシーで約10分です。もしくは同じく約4時間5分の伊賀良バス停まで行き、そこからタクシーで約40分です。名古屋から行く場合はヘブンスそのはらまでの無料送迎バスが出ている園原バス停まで乗り換えなしで約1時間30分で行けます。
東京から車で行く場合は、飯田山本I.C.から約20分です。名古屋や大阪方面から行く場合は園原I.C.から約20分です。
このほか、昼神温泉に宿泊する場合は各ホテル・旅館からの無料送迎バスで行けますよ。

富士見台高原ロープウェイ ヘブンスそのはら
住所
長野県下伊那郡阿智村智里3731-4
電話番号
0265-44-2311

秋は紅葉はもちろん、星空や雲海も楽しめる「富士見台高原」。絶景好きの方には特におすすめの場所です。

この記事は2018年11月6日に公開されたものを編集したものです。

 

※情報は記事公開日時点のものになります。