大野いと&福田麻由子の瀬戸内女子旅!黒島ヴィーナスロードでは忘れられない体験を!

うどん作りを体験。左から大野いと、福田麻由子 ©TBS
「うどん県・香川」で、うどん作りを体験。左から大野いと、福田麻由子 ©TBS

個性的映画に引っ張りだこの新進女優大野いとと天才名子役とうたわれた女優・福田麻由子の二人が、7月3日放送の「タビフク+VR」(BS-TBS|毎週水曜日23時00分~)にて、先週に続いて瀬戸内を訪れます。

牛窓神社。左から大野いと、福田麻由子 ©TBS
牛窓神社。左から大野いと、福田麻由子 ©TBS

「日本のエーゲ海」と言われる瀬戸内市牛窓のまるでヨーロッパのリゾートのような「ザ・ホテルリマーニ&スパ」に宿泊した二人は、朝から優雅なギリシャ料理の朝食を堪能し、レトロな港町・牛窓をサイクリング。牛窓という風変わりな名前がなぜこの地に付いたのか、牛窓神社を訪れて知ります。その驚きの由来とは…?

黒島ヴィーナスロード。左から大野いと、福田麻由子 ©TBS
黒島ヴィーナスロード。左から大野いと、福田麻由子 ©TBS

近年、「恋人たちのパワースポット」として大人気の「黒島ヴィーナスロード」はホテルリマーニからボートで10分。干潮時に黒島から、小さな島に向かって三日月形の砂の道が出現します。ここで二人は忘れられない体験を。

ジーンズの聖地・児島。左から大野いと、福田麻由子 ©TBS
ジーンズの聖地・児島。左から大野いと、福田麻由子 ©TBS

2人は牛窓から西へ向かい、日本のジーンズの発祥の地、そして、いまや世界中のジーニストたちが憧れる「ジーンズの聖地・児島」へ向かう。
日本で初めてBIG JOHNがジーンズを作ったのは1965年。創業者・尾崎小太郎がなぜ、「BIG JOHN」という名を付けたのか?この理由を聞かされ、二人はビックリ!さらに、いまでは当たり前になったジーンズのダメージ加工もこの日本が発祥であることを聴かされ、またビックリ。ダメージ加工やインディゴ染めを体験する。ここBIG JOHN児島本社では、染めやダメージ加工など様々なオリジナル加工をして世界で一つのオリジナルジーンズを作ることもできるというジーンズ好きにはたまらない体験が目白押し。

金刀比羅宮。手前から福田麻由子、大野いと ©TBS
金刀比羅宮。手前から福田麻由子、大野いと ©TBS

児島から瀬戸大橋を渡ればそこは「うどん県・香川」。さぬきうどん作りといえば「中野うどん学校」。名物校長から直伝のうどん作りを体験。ここでは一切隠し事なく、分量、レシピを全て教えてくれるので、ここでうどん作りを体験すれば、自宅で本当においしいさぬきうどんを作ることが出来るように!そして最後に、誰もが人生で一度は訪れたいと言われる金刀比羅宮、通称・こんぴらさんを詣でます。
放送は今夜7月3日の23時00分から。見逃さないようチェックしよう♪

二人が訪れる様々なシーンで画面に現れるQRコードをスマホで読み込むと360度VR動画を見ることができます。 番組HPでは「タビフク的Best瀬戸内・香川のタビ」と題したガイドブックがダウンロードできます。紙面上のQRコードを読み取れば、その場所がどんな場所なのか行く前に360度VR映像でチェックできるという画期的な小冊子なのでぜひ活用してください。

タビフク+VR
タビフク。ロゴ
BS-TBS|毎週水曜日23時00分~
おしゃれ女子必見!! 旅(タビ)×ファッション(フク)+360°=『タビフク+VR』。プライベートでも本当に仲の良いファッショナブルな女性タレント、モデル、歌手、女優など、20代女子たちが憧れる女性ゲスト二人が、人気急上昇中の国内を中心としたさまざまな旅先を訪れます。

※情報は記事公開日時点のものになります。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、掲載中のイベントは延期または中止、各施設の営業時間変更または臨時休業となる場合がございます。事前にイベント主催者や各施設のウェブサイト等でご確認ください。