天然かき氷が食べたい! 栃木県・日光霧降高原の「チロリン村」に行ってみよう

霧降高原にある「日光霧降高原 チロリン村」は、自然の中で楽しめるレジャー施設です。ついつい夢中になってしまうアクティビティや、素材をいかした手作りスイーツ、天然の氷を使ったかき氷などが味わえます。あわせて、チロリン村周辺の観光スポットもご紹介しますので、ぜひ夏休みに行ってみてくださいね。

いろいろなアクティビティが楽しめるチロリン村

日光霧降高原 チロリン村 東武日光軌道線の路面電車
日光霧降高原 チロリン村 東武日光軌道線の路面電車

チロリン村で楽しめるアクティビティは3種類。パターゴルフ、アーチェリー、エアライフルです。
パターゴルフは初心者向けから難しいものまで全部で9ホールあり、ゴルフをやったことがない人でも気軽に遊べます。オリンピックで注目されたアーチェリーは、10m先の的に当てる弓矢ゲーム。1回20分、打ち放題なので的に当てられるかも!? しれませんね。エアライフルも同じく10m先の小さい的を狙うゲームです。全てのアクティビティに挑戦して、友達と競うのも楽しいかもしれませんね。
このほか廃線となった東武日光軌道線の路面電車が静態保存され、そのレトロな車体はインスタ映えばっちりです。

フワフワな氷が魅力の天然かき氷を楽しもう!!

日光霧降高原 チロリン村・四代目氷屋徳次郎のかき氷
日光霧降高原 チロリン村・四代目氷屋徳次郎のかき氷

アクティビティで思いっきり楽しんだ後は、カフェスペース「カフェ・アウル」で絶品スイーツを召し上がれ。手作りケーキが人気で、チーズケーキやシフォンケーキなどが楽しめます。

特に数々のメディアで取り上げられた話題の「かき氷」は外せません!! こちらのカフェは、氷屋「四代目氷屋徳次郎」直営で、100年以上の歴史を持つ伝統的技法で作られた天然の氷を使ったかき氷を楽しむ事ができます。日光の厳しい寒さと美味しい水からできた氷は毎年1月頃に切り出され、氷室に貯蔵されています。ゆっくりと時間をかけて作られた氷は透明度と硬度が高く、普通の氷とは比べものにならないくらい“フワフワ”なかき氷に。地元で穫れた果物を使ったシロップやジャムをかけて食べるかき氷は絶品です。

チロリン村周辺のおすすめスポット

チロリン村で楽しんだ後は、周辺の観光スポットをめぐってみてはいかがですか? おすすめのスポットをご紹介します。

霧降隠れ三滝ハイキングコース

日光霧降高原 霧降隠れ三滝・マックラ滝
日光霧降高原 霧降隠れ三滝・マックラ滝

チロリン村から歩いて行ける範囲に、“秘境の滝”と言われている「霧降隠れ三滝」があります。丁字の滝、玉簾(たますだれ)の滝、マックラ滝とハイキングコースになっているので、3つめぐることもできますよ。所要時間は1時間30分から2時間ほど。歩きやすい服装で行ってくださいね。

キスゲ平園地

日光霧降高原 キスゲ平のニッコウキスゲと雲海
日光霧降高原 キスゲ平のニッコウキスゲと雲海

霧降高原の絶景を楽しむのなら、「キスゲ平園地」がおすすめ。高原を一望できる展望台があり、6月中旬から7月にかけては小さな黄色い可憐(かれん)な花“ニッコウキスゲ”の群生が見られます。

キスゲ平園地

日光霧降ニュー霧降キャンプ場

「日光霧降ニュー霧降キャンプ場」は、オートキャンプ場の他、寝具や電灯が付いたログハウスやバンガローがあるので、キャンプ用品を持ってなくても利用できます。売店や食堂もあるので、気軽にアウトドアを楽しめますね。日光の自然を満喫するにはピッタリですよ。

日光霧降ニュー霧降キャンプ場

チロリン村へのアクセス

自然に癒される女性(イメージ)
自然に癒される女性(イメージ)

チロリン村へのアクセスは、車で行く場合は、日光宇都宮道路日光I.C.を降りて約10分ほど。電車で行く場合は、東武日光駅まで行き、霧降高原行きのバスに乗車。東武日光駅から約20分で到着です。
夏は観光客が多く、チロリン村までの道と駐車場が大変混み合いますので、ご注意くださいね。

日光霧降高原 チロリン村
住所
栃木県日光市霧降高原1535-4
電話番号
0288-54-3355
その他
※パターゴルフ、アーチェリー、エアライフルは、土・日・祝日のみとなります。
※東武日光軌道線の路面電車は、2019年度中に東武日光駅前に移設予定です。詳細はHPなどをご確認の上、お出かけください。

爽やかな高原で天然のかき氷が楽しめるチロリン村。自然豊かな周辺の観光スポットとともに、ぜひ行ってみてくださいね!! 暑い夏のお出かけ先としておすすめです。

この記事は2018年5月28日に公開されたものを編集したものです。

 

※情報は記事公開日時点のものになります。