熊本県・黒川温泉の幻想的な和のイルミネーション「湯あかり」

熊本県・阿蘇山北部に位置する温泉地「黒川温泉」。渓谷ぞいのこじんまりとした温泉地であることから落ち着いていて自然を活かした作りが人気で、入湯手形やかっぽ手形など変わった温泉のシステムとお得なサービスが話題の温泉なんです。
そんな黒川温泉と、冬季行われるイルミネーション「湯あかり」をご紹介します。

黒川温泉へ観光に行くなら絶対使いたい「入湯手形」とは?

黒川温泉

黒川温泉の人気の理由のひとつが「入湯手形」というシステムです。入湯手形と呼ばれる輪切りの木札(1,300円)を購入すると、黒川温泉の旅館28ヵ所の温泉の中からお好きなところ3ヵ所に入浴出来るんです!1ヵ所あたり500円弱で入浴出来るなんてお得ですよね!宿泊する旅館の温泉だけでなく、気になる旅館の温泉にも浸かれるなんて嬉しい限りです。
そしてこの入湯手形を見せるだけで、温泉だけでなく、温泉街の飲食店、お土産店でも割引やちょっとしたサービスを受ける事が出来るんです!持っているだけで楽しみいっぱいの入湯手形、黒川温泉に着いたらすぐに手に入れたいところ。購入は各旅館などで出来ますが、1人1枚しか買う事ができませんのでご注意を。

手形は入浴だけじゃない!黒川温泉の食を手軽に堪能できる「かっぽ手形」

入湯手形でも様々な飲食店でサービスが受けられますが、「かっぽ手形」は飲食に特化した手形です。
この手形は1,500円で購入したら、対象の旅館・商店の中から好きなところで合計3杯のお酒が味わえ、さらにはおつまみも付いてくるという優れもの。熊本は水が美味しいのでその水から造られるお酒は格別に美味しいんです!お酒の飲めない人もご心配なく。ノンアルコールやソフトドリンクもあるので安心です。おつまみは、黒川温泉の蒸気でつくった蒸したまごや、牛しぐれ煮、お漬物などお酒に合うものばかり。やはり旅に出たら、その土地のものを使ったお酒やおつまみは外せないですよね。
こちらの手形も黒川温泉にきたなら必須のアイテムです。

冬限定のイルミネーション「湯あかり」がロマンチック!

黒川温泉 湯あかり

2011年から始まった「湯あかり」というこのイベント。黒川温泉の特産である竹を使ったイルミネーションが川端通を彩ります。情緒あふれる風景がとっても幻想的で、うっとり見惚れるんです。放置竹林が問題となっていたところ、竹の再生活動に一役買おうということから始まったこのイルミネーションですが、あまりにも美しいので、黒川温泉恒例のイベントとなりました。
第7回目の開催は2018年12月22日~2019年3月31日の夕暮れ(17時半ごろ)~22時までとなっています。

黒川温泉
所在地
熊本県阿蘇郡南小国町
湯あかり開催期間
2018年12月22日(土)〜2019年3月末
入浴手形
1,300円/3ヵ所利用可能
かっぽ手形
1,500円/3ヵ所利用可能

冬にあったかいイベントの開催が嬉しい黒川温泉。もちろん春にも夏にもおすすめです!
ぜひ行ってみてくださいね。

この記事は2017年12月14日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。