スキー好きなら一度は行ってみたい!世界有数のスキー場カナダ「ウィスラー」

本格的にスキーやスノーボードを楽しむなら、思い切って海外に行ってみませんか?世界有数のスキー場と言われるカナダのウィスラースキー場は規模が大きく、周辺施設も大充実!この冬は、カナダのウィスラーでスノーアクティビティを楽しみましょう。

バンクーバーオリンピックのスキー競技場にもなったスキー場

カナダ ウィスラー

ウィスラースキー場が世界有数と言われる理由は、その大きさ。山全体がスキー場になっていて、コースの数は総数200本以上!木々の間を滑る迫力満点の林間コースもあります。日本にある一般的なスキー場のコースは5~30本程度なので、その規模の大きさが分かるでしょう。
また、ウィスラースキー場は毎年10m以上もの天然雪が積もっており、雪の質はオリンピック会場に選ばれたお墨付きです。

スキーの他に楽しめるスノーアクティビティはある?

スキーが大好きな方であれば、日本では味わえないような滑りを楽しみたいものですよね。
ヘリコプターで山の上まで一気に登って滑る迫力満点のヘリスキーや、ヘリスキーは怖いけど極上のパウダースノーを楽しみたい方にうってつけのキャットスキーでは専用の雪上車で誰も滑っていないエリアに連れていってもらって滑ることができます。
このほか、林の間を縫って滑るクロスカントリーや、スノーモービル、犬ぞりなども体験できますよ。中には上級者向けのアクティビティもあるので、自分のレベルに見合った範囲内で楽しんでくださいね!

ホテルやレストランなどの周辺施設も大充実!

ウィスラースキー場
Photo credit: keepitsurreal via Visual hunt / CC BY-SA

ウィスラースキー場の周辺には、ホテルやレストラン、ショップなどの施設が数多く集まっているほか、スパやラウンジも豊富なので、たくさん滑って疲れたらすぐリラクゼーションタイムに入れますし、ちょっと休んでまた滑りに行くのもOK!ウィスラーは“街全体がスキー場”といったイメージで、スノーアクティビティをするための街と言えるでしょう。

昼間はたくさん滑って、夜はディナーに舌鼓!という楽しみもおすすめで、カジュアルなレストランから高級なホテルレストランまで多くの店舗があるので好みに合わせてお料理を楽しめます。寿司や和食など、日本食を提供するお店もありますよ。
また、お店が多すぎて選ぶのがもったいないという方にはウィスラー・テイスティング・ツアーズという数件のレストランを巡るツアーもあります。ディナーツアーやランチツアーなど、いろんなツアーがあるので参加してみてもいいでしょう。

ホテルは高級ホテルからコンドミニアムにロッジ、ユースホステルもあるので利用シーンに合わせて選べますよ。ちなみに現在ユースホステルとして営業しているホステリング・インターナショナル・ウィスラーは、バンクーバーオリンピックの際には選手村として使用されていました。もしかしてここを有名選手が使っていたかも…と想いを馳せるのも楽しいかもしれません。

バンクーバーからの行き方はバスがおすすめ!

バス
Photo credit: fdenardo1 via VisualHunt / CC BY

カナダのバンクーバーからウィスラーへ行くおすすめの方法はバスを使うことです。バンクーバーの国際空港から直行のバスが運行しているので、スキー板やスノーボードを持っている人も荷物が積めるので便利です。約2時間ほどで到着します。ウィスラーに到着後、バスは主要なホテルをまわるので、どのホテルに宿泊するのかも出発前に伝えておきましょう。
座席は、空いていれば進行方向の左の窓側がおすすめ。氷河や山々など、スケールの大きい絶景を楽しむことが出来ますよ。

また、カナダではポピュラーな移動手段である水上飛行機の利用も可能ですが、詰める荷物は一人当たり10kgと少なめなのでスキー利用であれば難しいでしょう。夏季であれば定期便も運行しているほか、現地のアクティビティとして水上飛行機による遊覧飛行もありますよ。このほか鉄道もあり、車窓観光を楽しみたい方におすすめです。

世界有数のスキーリゾートであるカナダ・ウィスラー。日本で味わえないようなスケールでのスキーが楽しめ流だけでなく、夏季でも水上飛行機のほかハイキングなどが楽しめるリゾートとして注目されています。一生に一度訪れてみたいものですね!

この記事は2016年10月26日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。