冬も夏も楽しめる! 沖縄本島から船で20分の無人島「ナガンヌ島」を満喫しよう

沖縄県那覇市から船で約20分のところにある「ナガンヌ島」をご存じですか?
沖縄の言葉で細長いものを“ナガンヌ”と呼ぶことから、細長い島の形を指して「ナガンヌ島」と名付けられた無人島なんですよ。

ナガンヌ島はどんな島?

ナガンヌ島
ナガンヌ島

“ケラマブルー”で人気の慶良間諸島の中で、沖縄本島から最も近い場所にあるのがナガンヌ島です。クエフ島、神山島と共に“チービシ環礁”を形成する島のひとつでもあり、サンゴ礁に囲まれた穏やかで美しい海が特徴です。
水道や電気などのライフラインは現在もありませんが、宿泊設備、トイレ、レストランなどが整っています。無人島らしい素朴な景色と、利便性の良いとこ取りができる島として人気を集めているんですよ。

ナガンヌ島
所在地
沖縄本島から船で約20分

冬はナガンヌ島への日帰り旅行が楽しめる

冬期(11〜3月)のナガンヌ島は宿泊はできませんが、日帰りツアーが楽しめます。中でも冬の沖縄ならではの、ホエールウォッチングがおすすめです。クジラをあまり近くで見る機会は無いので、体験してみてはいかがですか? このほか、セグウェイやシュノーケリング、パラセーリングなどが体験できるりツアーがありますよ。

夏のナガンヌ島でできるアクティビティ

4月以降の夏期は宿泊もできるほか、冬にはできなかったマリンアクティビティが体験できます。頭からすっぽりかぶれるヘルメットのようなものをつけて海底を歩くマリンウォークやボートシュノーケリング、ウェイクボード、ドラゴンボートなどを楽しめます。
さらに、6月下旬から9月にかけては、ウミガメが産卵のために訪れます。滞在中に産卵に出合えるかもしれませんよ。

ナガンヌ島へのアクセス

ナガンヌ島へ向かう船
ナガンヌ島へ向かう船
photo by Hajime NAKANO

ナガンヌ島へは、那覇の泊港(とまりこう)から出航する船に乗って行きます。集合場所は港にあるナガンヌ島の看板が出ているお店の前です。出航の30分前に集合し、受付と支払いを済ませてください。
集合場所へは、ゆいレール美栄橋駅から徒歩約15分、もしくは路線バス泊高橋停留所から徒歩約6分です。
時期により運行時刻表が異なるので、詳細は公式サイトの運航時刻表をご確認ください。

泊港(集合場所)
住所
沖縄県那覇市泊3-14-2
電話番号
098-860-5860

沖縄本島から気軽に行ける無人島「ナガンヌ島」で、美しい海やアクティビティを楽しんでくださいね。

この記事は2017年6月15日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。