青森県一の紅葉スポット「中野もみじ山」!滝や渓谷が織りなす景観に心洗われる♪

青森県黒石市にある中野もみじ山は、1802年に弘前藩主の津軽寧親(つがるやすちか)が京都から取り寄せた100種類もの楓の苗を植えたのが始まりと言われています。“黒石の小さな嵐山”と称され、昔から多くの人々が訪れる人気の紅葉スポットです。中には、樹齢200年を超えるカエデの木もあるのだとか!周辺には滝や渓流があり、絵画のような色彩豊かな風景に出会えますよ。

紅葉の見頃は10月中旬から11月上旬

中野もみじ山

朱色が目にも鮮やかな橋や中野神社のあたりは、いかにも日本らしく趣を感じさせます。観楓台や不動の滝など撮影ポイントもたくさんあり、ベストショットを狙いたい方にオススメです。散策の所要時間の目安は、入口から中野神社、観楓台を巡るコースで約20分です。
紅葉の見頃は例年10月中旬から11月上旬。期間中は県内外から多くの観光客が訪れ、入口に並ぶ露天では地元グルメの黒石やきそばや東北名物のおやきなどをいただくことができるんですよ。

風流な景色を眺めつつ美味しいお弁当に舌鼓

中野もみじ山内特設床

散策もいいですが、ゆっくりと紅葉を観賞したいなら特等席はいかがでしょう。人気撮影ポイントの不動の滝を眼前に臨む「中野もみじ山内特設床」では、地元の食材を使った「小嵐山弁当」を堪能しながら自然美を愛でることができます。日中のみの完全予約制なので、利用したい方は公式サイトをご確認くださいね。

夜は幻想的なライトアップも見逃せない

中野もみじ山 橋の絶景

こちらでは日中だけでなく、夜のライトアップも楽しめます。2018年は10月13日(土)〜11月4日(日)の期間、時間は17:00から21:00まで開催予定です。日中とはまた違い、ライトに照らしだされる紅葉がとっても幻想的なんです。水面に映り込む様子や滝の水しぶきなど、情緒豊かな世界が広がっています。

中野もみじ山ライトアップ 光のファンタジー

入口近くにある渓流沿いの観覧ポイントからは山全体を見渡すことができるので、日中と夜のライトアップの姿を見比べてみるのもオススメですよ。

中野もみじ山へのアクセスは?

中野もみじ山 紅葉

車で行く場合は東北自動車道「黒石I.C.」を降りて約10分です。近くに無料の駐車場「やすらぎの駐車帯」があるので、そちらを利用してください。混雑時は「津軽伝承工芸館」の駐車場も臨時で利用できます。 公共交通機関を利用する場合は、東北新幹線「新青森駅」で奥羽本線の乗り換え約40分の「弘前駅」で下車し弘南鉄道の弘南線に乗り換え約30分で「黒石駅」に着きます。「黒石駅」からは弘南バスの大川原線に乗り、「中野神社前」で降りましょう。バス停からは歩いて約1分で着きます。紅葉の見頃時期は混雑するので、時間にゆとりを持って向かいましょう。

日中は燃えるような赤や鮮やかな黄色、夜は幻想的なライトアップの紅葉が楽しめる「中野もみじ山」。江戸時代にも遡る歴史に思いを馳せつつ、贅沢な秋の景色を見に行きませんか?

■中野もみじ山
住所
青森県黒石市南中野字不動舘27中野神社
電話番号
0172‐52‐2111 (黒石市 農林商工部 商工観光課)
ライトアップ期間
2018年10月13日(土)~11月4日(日)
ライトアップ時間
17:00頃~21:00
■中野もみじ山「小嵐山弁当」
期日
2018年10月13日(土)~11月4日(日)
時間
第1部/11:00~12:00、第2部/12:30~13:30 ※完全予約制
料金
2,000円、3,000円 ※席代、ペットボトルのお茶付き

※情報は記事公開日時点のものになります。