新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、掲載中のイベントは延期または中止、各施設や店舗は営業時間変更または臨時休業となっている場合があります。事前にイベント主催者や各施設の公式ウェブサイト等でご確認ください。

BENIとエリーローズが冬の山形県・蔵王へ!氷と雪がつくる芸術品「蔵王の樹氷」はまさに絶景

山形県・蔵王。左からBENI、エリーローズ ©TBS
山形県・蔵王。左からBENI、エリーローズ ©TBS

今年15周年を迎える圧倒的歌唱力を持つ実力派シンガーBENIとモデルで世界を股にかけDJとしても活動するエリーローズの二人が2月20日放送の「タビフク+VR」(BS-TBS|毎週水曜日23時00分~)にて、山形県・蔵王を旅します。二人は2010年に発売されたBENIの人気曲「ギミギミ」MVで共演するほどの大の仲良し!

宝珠山立石寺。左からBENI、エリーローズ ©TBS
宝珠山立石寺。左からBENI、エリーローズ ©TBS

まず訪れたのは、松尾芭蕉が「閑けさや岩にしみいる蝉の声」の句を詠んだことでも有名な宝珠山立石寺、通称、山寺。奥之院まで1015段の階段が続くこの山寺。一段上るごとに煩悩が消えていくと言われるこの長い道のり…静寂の中、まるで水墨画のようなこの道を上る二人が感じたものとは?

「書き駒」に挑戦。左からBENI、エリーローズ ©TBS
「書き駒」に挑戦。左からBENI、エリーローズ ©TBS

山形県と言えば、天童市の将棋の駒。全国の将棋の駒の9割を生産するこの天童で二人は「書き駒」に挑戦。二人が駒に書くことに選んだその文字とは?二人の誕生命名秘話も明かされます。
続いて訪れたのは今回の旅の最大の目的、世界でも類を見ない氷と雪がつくる芸術品「蔵王の樹氷」。ロープウェイを2つ乗り継いで向かった蔵王山の山頂は、なんとマイナス15度。沖縄出身のBENIにとっては体験したことのない気温。そこで二人が見たものとは?

冬の蔵王を愉しむ。左からエリーローズ、BENI ©TBS
冬の蔵王を愉しむ。左からエリーローズ、BENI ©TBS

今回、二人が宿泊したのは、創業享保元年。300年の歴史を持つ老舗旅館、深山荘高見屋。日本の伝統美が息づく純和風木造建築の趣のあるホンモノの温泉旅館。
夜には宿を抜け出して宿から歩いて3分の「山形酒のミュージアム」へ。山形県内49の蔵元の日本酒を「知って、味わう」ことができる蔵王の新スポット。山形酒はボルドー、シャンパン、スコッチのように産地の名がそのままGIとしてブランド認定されている。二人は極上の山形酒を試飲。二人が気に入った山形酒とは?
放送は今夜2月20日の23時00分から。見逃さないようチェックしよう♪

番組が訪れる様々なシーンで画面に現れるQRコードをスマホで読み込むと360度VR動画でその場所に実際に行ったかのようなバーチャル体験が。
さらに首都圏のJTBトラベルゲート各店にはタビフクの360°バーチャル・リアリティの世界を体験、体感できるスペースが設置されています!

タビフク+VR
タビフク。ロゴ
BS-TBS|毎週水曜日23時00分~
おしゃれ女子必見!! 旅(タビ)×ファッション(フク)+360°=『タビフク+VR』。プライベートでも本当に仲の良いファッショナブルな女性タレント、モデル、歌手、女優など、20代女子たちが憧れる女性ゲスト二人が、人気急上昇中の国内を中心としたさまざまな旅先を訪れます。

※情報は記事公開日時点のものになります。