冬の大自然が幻想的な世界に!! 山形県の蔵王ロープウェイで「樹氷ライトアップ」を見に行こう

蔵王 ロープウェイ
蔵王 ロープウェイ
撮影:dip / BUD International

スキーやスノーボードで人気の山形県「蔵王」。もうひとつの魅力は冬に見られる絶景「樹氷」です。昼間に見る樹氷も壮大ですが、夜にライトアップされた樹氷は幻想的な世界が楽しめます。

樹氷はどうやってできるの?

蔵王 樹氷
蔵王 樹氷
撮影:dip / BUD International

山形県蔵王の雪原を埋め尽くす「樹氷」
樹氷は、針葉樹のアオモリトドマツが雪と氷に覆われてできます。11月・12月にかけて季節風で運ばれた雲粒(過冷却水滴)による着氷と着雪で覆われはじめ、1月には風上に向かってエビのシッポが発達し、着雪も盛んになります。2月にはそのすき間に多くの雪片がとり込まれ、固くなり最盛期を迎えます。
3月に入ると気温の上昇により溶け、元の姿に戻っていきます。

期間限定の樹氷ライトアップが幻想的

蔵王 樹氷 ライトアップ
蔵王 樹氷 ライトアップ
撮影:dip / BUD International

蔵王ロープウェイでは、2019年12月28日(土)~2020年2月29日(土)の47日間、期間限定で「樹氷ライトアップ」を開催しています。スノーモンスターとも呼ばれる「樹氷」を色彩豊かな照明でライトアップし、日中の白銀の姿とはまったく違う幻想的な世界が楽しめます。
この時期の気温は、マイナス10℃以下になるので防寒対策は万全にしてくださいね。

【往復乗車運賃】
・大人/3,000円
・子供/1,500円

※ロープウェイの運行時間は、17:00~21:00(上りは最終19:50)です。

ナイトクルーザー号で行く「樹氷幻想回廊ツアー」も人気

ナイトクルーザー
ナイトクルーザー
写真提供:蔵王ロープウェイ

ライトアップされた樹氷をもっと間近で見たい人には、ナイトクルーザー号で行く「樹氷幻想回廊ツアー」がおすすめです。暖房付きの新型雪上車に乗って、樹氷ライトアップや霧氷を間近で体験します。人数限定ツアーなので、ゆっくりと迫力のある写真がたくさん撮れるかもしれません。ぜひ、体験してみてくださいね。
スケジュールは、17:00、18:00、19:00、20:00に蔵王山麓駅発で所要時間は約60分(クルーザー乗車時間約30分)です。ツアーに参加するには予約が必要です(利用の7日前より受付)

【ツアー料金】
山麓線往復(2区間券)+雪上車(クルーザー)
・大人/4,500円
・子供/3,800円

蔵王ロープウェイ お問い合わせ
住所
〒990-2301
山形市蔵王温泉229-3(蔵王山麓駅)
電話番号
023-694-9518

いかがでしたか? 日中の白銀の姿とはまったく違う幻想的な世界が楽しめる「蔵王」。冬だけの幻想的な世界をぜひ、見に行ってみてくださいね。

この記事は2018年1月25日に公開されたものを再編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。