新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、掲載中のイベントは延期または中止、各施設や店舗は営業時間変更または臨時休業となっている場合があります。事前にイベント主催者や各施設の公式ウェブサイト等でご確認ください。

タコだらけの島!? 名古屋から日帰りで行ける「日間賀島」でタコを満喫しよう!

日間賀島(ひまかじま)」は、愛知県の知多半島と渥美半島に挟まれた三河湾に浮かぶ島です。知多半島先端の師崎(もろざき)港から約4kmしか離れていないので、高速フェリーで約10分で行けるんです。“名古屋から一番近い島”なので、日帰りで遊びに行くのもおすすめですよ。

日間賀島のフォトスポットを散策しよう

日間賀島 タコのモニュメント
日間賀島 タコのモニュメント

タコが特産の日間賀島は、別名“タコの島”と呼ばれるほど、いろいろな所でタコのモチーフを見つけられます。
高速フェリーが発着する西港と東港では、それぞれ「にっしー」と「がっしー」というタコのモニュメントが出迎えてくれます。タコの表情に愛嬌があって、記念撮影にピッタリの場所ですよ。

日間賀島 タコのマンホール
日間賀島 タコのマンホール

島の周囲は約5.5km、徒歩でも1時間あれば一周できるので気軽に散策を楽しめます。島の各所にはタコが描かれたマンホールや、タコをモチーフにした駐在所などがあるので、ぜひ探してみてくださいね。

日間賀島 タコの駐在所
日間賀島 タコの駐在所

このほか、漁港の周辺にはタコ漁に使われる蛸壺が並んでいたり、10月には丸ごと一匹の干しダコが並んでいたりと、独特の景色が楽しめますよ。

新鮮なタコとフグを堪能しよう!

日間賀島で通年楽しめる「タコ」

日間賀島 タコの丸茹で
日間賀島 タコの丸茹で

日間賀島の名物を堪能するのなら、やっぱり“タコ”は外せません。蛸壺漁で採られた日間賀島のタコは茹でても硬くならないので、丸茹でにして食べるのが一般的です。このほか、刺身や唐揚げなどの多彩なタコ料理をいただけますよ。タコ料理を楽しめるお店がたくさんあるので、地元ならではの味を楽しんでみてくださいね。季節を問わず楽しめますよ。

日間賀島の冬の名物「ふぐ」

日間賀島 ふぐ刺し
日間賀島 ふぐ刺し

日間賀島の冬の名物としては“ふぐ”がおすすめです。実は日本で屈指の天然とらふぐの漁獲量を誇る愛知県。伊勢湾口がとらふぐの産卵地のひとつであり、近年の海流の変化から日間賀島近海が好漁場になっているんです。また、日間賀島では伝統のとらふぐ漁“延縄漁”で一匹一匹釣りあげるのでふぐに傷が付きにくいんですよ。
ふぐは10~3月に旬を迎え、民宿やホテル、食事処でいただけます。タコと共に、新鮮なふぐ刺しやふぐ鍋をいただいてみてはいかがでしょうか。

日間賀島へのアクセス

日間賀島 タコのモニュメント
日間賀島 タコのモニュメント

日間賀島へは、名鉄海上観光船が運行する船で行けます。いくつかの航路がありますが、知多半島側から向かうのが一般的です。師崎港もしくは河和港から日間賀島へのフェリーが出ています。
公共交通機関を利用する場合、行きやすいのは名鉄電車 河和駅から徒歩約5分の河和港です。師崎港は名鉄電車 内海駅からバスで約30分、もしくは名古屋から車で約1時間です。
知多半島とは逆方面の渥美半島からもフェリーが出ていて、伊良湖港からもアクセス可能です。豊橋駅から伊良湖港までバスで約90分です。

日間賀島
住所
愛知県知多郡南知多町日間賀島
電話番号
0569-68-2388(日間賀島観光協会)

日間賀島は名古屋から日帰りでも行けるので、名古屋旅行の立ち寄り先にもおすすめです。ちょっと足を延ばしてタコだらけの島を楽しんでみてくださいね。

この記事は2018年10月22日に公開されたものを編集したものです。

 

※情報は記事公開日時点のものになります。