台湾リピーター必見!台北の次に行きたい地方都市はココ!

台湾は日本から最も気軽に行くことが出来る海外です。東京から4時間弱、大阪から3時間弱のフライトで、時差もわずか1時間のみ。治安もよく親日の台湾は、女子旅に最適の国です。
さて今回は、すっかり台湾の魅力のとりこ!と言う「台湾リピーター」にオススメしたい、台北の次に訪れたい都市とその魅力をご紹介します。

台北を拠点に地方都市へ小旅行

台北の街並み

台湾の首都・台北は、高層ビルが並ぶ近代的な都市部と、どこか懐かしいレトロなエリアが混在している所が魅力です。物価が安いことから、観光、グルメ、ショッピングと大満喫する事ができます。
台北に何度か訪れた事のあるリピーターの方にオススメなのが、この台北を拠点とした地方都市への小旅行です。台湾は小さな国なので、台北から最南端の高雄まで、新幹線を使うと最短1時間半で移動することができます。
それでは台北とは、ひと味違った魅力に出合える地方都市をご紹介しましょう!

台湾第二の都市の高雄へ

台北の街並み
 

台湾第二の都市である高雄は、日本でいう大阪のような存在。
高雄の中心地は都会ですが、台北と比べて高層ビルは少なく、中心地から少し離れるとのどかな風景が広がっています。
高雄には国際空港があるので、日本から直行便を利用することも出来ます。
台北から高雄へのアクセスは、台湾の新幹線(台湾高鉄)を利用するのがオススメです。最短1時間半の乗車時間で料金は1,580元からと手ごろな料金です。さらに旅費を抑えて、観光に予算を回したい方は高速バスを利用すると良いでしょう。高速バスは台北ー高雄間が約5時間で、料金は安いものだと470元で乗車する事ができます。
台湾の高速バスは綺麗で快適なので、女性にも好評です。
高雄のオススメ観光プランは、市内観光と「蓮池潭」という物語の世界のようなお寺を訪ねるコースがオススメ。

■蓮池潭 Lotus Lake Tourist Service Center
住所
813 台湾 Kaohsiung City, Zuoying District, 勝利路110號
電話番号
+886 7 588 2497

台湾の古都・台南へ

台南夜市

台南は台湾の古都として知られ、日本でいう京都のような存在です。
日本統治時代の建物も多く残されていおり、台湾の街並みとは異なった印象です。
ノスタルジックでレトロな街の中には、写真映えするスポットが沢山あります。
また台南のグルメは美味しいことで有名なので、夜市や屋台で食事してみるのがオススメ。
台南や高雄は台北より温暖な気候なので、夜に羽織る用の薄手のカーディガンを準備する程度でいいでしょう。
台南は高雄から鉄道を電車で50分ほどなので、日帰り旅行も可能です。
台南でのオススメは、台南グルメを満喫する夜市を訪れるプランです。

急速に発展する台中の街

台中の駅

台北から新幹線で約1時間とアクセスの良い台中は、台北旅行中の小旅行にピッタリの場所です。
近年、急速に発展するこの街には高層マンションなどが増えており、活気に溢れています。その一方で古き良き台湾の風情が残っているので、レトロな雰囲気を満喫する事もできます。

千と千尋の世界!台北からアクセスのよい九份へ

九分の街並み

映画『千と千尋の神隠し』モデルと噂になった九份は、ノスタルジックな風景が広がっています。
両サイドに商店がひしめきある細い路地を抜けると、そこは絶景スポット。古い建物に赤色の提灯が飾られた風景は、初めて訪れるにも関わらず、どこか懐かしく感じます。
台北市内から電車約1時間、バスで1時間半ほどです。バスを利用すると15元とリーズナブルに移動する事ができます。

■九份老街
住所
224 台湾 New Taipei City, Ruifang District, 基山街
電話番号
+886 2 2960 3456

旅の予算と持ち物

台湾料理

台湾は日本と比べて物価が安く、より旅の予算を抑えたい場合は、ローカルレストランや夜市、屋台などで食事を済ませれば、一食300円ほどでおさえる事ができます。公共交通機関やタクシーの料金も日本より安いので、節約すると一日5,000円ほどで充分に楽しむことが出来ます。

日本と比べて温暖な気候の台湾ですが、飲食店や建物の中は冷房が効いていてとても冷えるため、薄手の羽織り物を一枚用意しておくと便利です。

※情報は記事公開日時点のものになります。