• 2017年8月29日更新
  • Yokito

シンガポールで森林浴?!全長9kmの「サザン・リッジズ」のお散歩ルートが良い感じ♪

サザン・リッジズ
Photo credit: Gramicidin via Visual Hunt / CC BY-SA

高層ビルが建ち並ぶ近代的なイメージのシンガポールですが、市街地を少し離れれば東南アジアならではの自然あふれるスポットがたくさん。そんな自然を満喫できるスポットとして今回ご紹介するのが「サザン・リッジズ」という全長9キロの遊歩道!「マウント・フェーバー・パーク」と「テロック・ブランガ・ヒル・パーク」、「ケント・リッジ・パーク」の3つの公園を繋いでいる遊歩道で、散歩ついでに森林浴が楽しめちゃうんです♪

まず3つの公園それぞれをご紹介しましょう。

マウント・フェーバー・パーク

Sorada M.さん(@duean_m)がシェアした投稿

1つ目は、「マウント・フェーバー・パーク」。この公園はレジャー施設が大充実のセントーサ島からロープウェーを使ってアクセスでき、他の公園に比べて観光客人気の高い公園です。

naomiさん(@na0mii)がシェアした投稿

山に面しているマウント・フェーバー・パークは急斜面が多く、標高はシンガポールトップクラス!そのため公園内にある展望台からは、シンガポール海峡全体を望むことができ、セントーサ島など様々な島々まで見渡すことができるんです♪園内にはシンガポール名物のマーライオンがあるので記念撮影も忘れずに!

■マウント・フェーバー・パーク
住所
Mount Faber Rd, シンガポール
電話番号
+65 6377 9688
HP
https://www.nparks.gov.sg/gardens-parks-and-nature/parks-and-nature-reserves/mount-faber-park

テロック・ブランガ・ヒル・パーク

マウント・フェーバー・パークの北側には、生い茂った熱帯雨林に囲まれた「テロック・ブランガ・ヒル・パーク」があります。この公園には空中歩道である「フォレスト・ウォーク」が設置されており、公園の野鳥や東南アジアならではの木々に囲まれながらジグザグの道を探検するように進むのがおもしろいところ。童心に帰ってワクワクできる公園なんです♪

テロック・ブランガ・ヒル・パークのつり橋
Photo credit: jeremewong via Visual hunt / CC BY-ND

吊り橋のようになっている遊歩道は、すき間から下が見えてスリル満点!!高いところだと18メートルにもなるそうで、下を見るとヒヤっとしてしまいます。ジャングルの上の方へいけるので、視界も広く、森林浴ついでにジョギングも気持ちいいですよ♪

■テロック・ブランガ・ヒル・パーク
住所
10, Telok Blangah Green, シンガポール 109178
電話番号
+65 1800 471 7300
HP
https://www.nparks.gov.sg/gardens-parks-and-nature/parks-and-nature-reserves/telok-blangah-hill-park

ケント・リッジ・パーク

ケント・リッジ・パーク

最後にご紹介する「ケント・リッジ・パーク」はマウント・フェーバー・パークと同じくらいの大きさの自然公園で、ここから繋がっているホート・パークと合わせてシンガポール市民から人気のお散歩コースとなっています!この公園内にある遊歩道も林の高い場所を通るもので、「フォレスト・ウォーク」同様ワクワク感が最高★見たこともないような木々もたくさんあるので、是非ともチェックしてみて!

またこの公園には野生動物も生息しており、頻繁に見かけるのが可愛いリス。もしかしたらサルも見つけられるかもしれないので、散歩ついでに林の中を覗いてみましょう!

■ケント・リッジ・パーク
住所
Vigilante Dr, シンガポール 118176
電話番号
+65 1800 471 7300
HP
https://www.nparks.gov.sg/cms/index.php?option=com_visitorsguide&task=parks&id=20&Itemid=73

これら3つの公園は全て24時間無料で入園が可能!日本とは違う、東南アジアならではの自然にふれられるスポットとなっているので、次回の女子旅はスニーカーを持参してサザン・リッジズを歩いてみませんか?

※情報は記事公開日時点のものになります。
Yokito
Yokito

大阪出身、現マドリッド在住。ひょんなキッカケで出会ったスペイン人と遠距離恋愛の末、結婚。現在はスペイン語学校に通う傍ら、美味しいワインとハムを楽しむ日々を送っています。趣味として世界20カ国以上を旅しており、今後も”人生は旅である”と体現していく予定!!さぁ、ロマンチックな人生を楽しみましょう。