台湾のビーチリゾートで思いっきり楽しむ夏!青い海、白い砂浜を満喫しよう【墾丁・外澳・吉貝】

墾丁のビーチ
Photo credit: summonee via Visual hunt / CC BY-ND

日本で人気の海外旅行先の台湾。観光名所も数多くあり、美味しいご当地グルメが味わえることから女子旅でも大人気ですよね!街歩きのイメージが強い台湾ですが、実は美しいビーチリゾートがたくさんあるってご存じですか?今回はそんな台湾のおすすめビーチをご紹介いたします♪

台湾を代表するビーチリゾート「墾丁」

墾丁のビーチ

墾丁(ケンティン)は台湾で最も有名なビーチリゾートで、島の南端に位置しています。そのため、年間を通して大変過ごしやすい気候で、冬場でなければ、基本的に夏服でも大丈夫なくらいです!
台北からの行き方は、高雄の「左營駅」まで新幹線で行き、そこから高速バスで2時間ほど。透き通った青い海と真っ白な砂浜…これぞまさに極上リゾート!墾丁には南国特有の自然溢れる国立公園などもあり、観光でも人気。屋台などがたくさん並ぶ夜市も名物のひとつです。墾丁の海の幸はもちろんのこと、現地のB級グルメもたくさん味わえちゃいます♪
そんな墾丁でのいち押しのホテルが「シーザー パーク ホテル ケンティン(墾丁凱薩大飯店)」。5つ星を獲得した超ゴージャスなホテルで、リゾートを満喫するには抜群です!

墾丁凱薩大飯店
Photo credit: Jun Kaneko on Visual Hunt / CC BY-SA

シーザー パーク ホテル ケンティン(墾丁凱薩大飯店)は、露天風呂ジャクジー付き、プール付き、ヴィラタイプ…と、個性的な部屋のラインナップで、どれも魅力的!テラスからプールへ直接入ることもでき、もちろんビーチも大変近いです。テラスでバーベキューなどもできるため、友達同士のバカンスにもピッタリですよ♪時期にもよりますが、5つ星ホテルの中ではお手頃価格なのも注目!!

サーファーのメッカ、宜蘭の外澳ビーチ!

外澳ビーチ
Photo credit: DietrichLiao on Visual Hunt / CC BY

次にご紹介する宜蘭(ギラン)の外澳(ワイアオ)は、海辺にサーフショップがずらりと並ぶサーファーのメッカとして知られる場所。台北駅から特急列車に乗り1時間20分で「頭城駅」に到着、そこから1駅戻ると「外澳」に着きます。

外澳ビーチ

外澳のビーチでは毎年有名なサーフィン大会が開催されており、良い波が立つと評判です。1日500台湾ドル(2,000円弱)でサーフボードの貸し出しも行っているので、チャレンジしてみてもいいかもしれませんね♪自然豊かで澄み切った海が美しい外澳からは、天気が良けれ活火山の「亀山島」が見られます!!
外澳近郊はペンションやホステルタイプの宿泊施設が多いのが特徴。オススメはビーチ目の前にあるワイアオビーチハウス (Waiao Beach House)で、可愛いすぎる外観はもちろんのこと、窓から見える美しい景色に癒されるはずですよ♪

パノラマビーチ!マリンスポーツを楽しむなら吉貝で決まり♪

吉貝ビーチ
Photo credit: Li-Ji on VisualHunt.com / CC BY

“台湾のハワイ”とも呼ばれる離島「澎湖島(ポンフー)」から船で20分ほどのところにある、360度ビーチを見渡せる吉貝!澎湖島にある「馬公空港」へは台湾の主要都市から国内線でアクセスできます。
エメラルドブルーのきれいな海と、珊瑚礁のカケラでできた砂浜の美しさは息を飲むレベル♪ここを訪れる人の多くは、マリンスポーツが目的。海辺にはマリンスポーツ用品のレンタルショップ、海の家、屋台などが軒を連ねており、夏をエンジョイするのに本当にぴったり。アクティブ派のアナタにオススメのスポットです!

吉貝沙尾
Photo credit: wongwt on Visualhunt.com / CC BY-SA

ここに来たら、1日中マリンスポーツを楽しんで海辺の民宿に泊まるのが現地流だそう♪

この記事は2017年2月18日に公開されたものを編集したものです。
※情報は記事公開日時点のものになります。
Yokito
大阪出身、現マドリッド在住。ひょんなキッカケで出会ったスペイン人と遠距離恋愛の末、結婚。現在はスペイン語学校に通う傍ら、美味しいワインとハムを楽しむ日々を送っています。趣味として世界20カ国以上を旅しており、今後も"人生は旅である"と体現していく予定!!さぁ、ロマンチックな人生を楽しみましょう。