関東最大の鍾乳洞!群馬県「不二洞」で神秘的な光景に出会う

関東最大の大きさをを誇る鍾乳洞「不二洞」は、群馬県上野村の川和自然公園内にある県の天然記念物。洞内の温度は年間を通して約10℃で安定していて、夏は涼しく冬は暖かく快適な散策を楽しむことができます。不二洞へは東京から車で約2時間でアクセスでき、休日の気軽なお出かけ先にぴったり。基本的に年中無休でオープンしていますが、冬期は受付時間が短縮されたり、天候によって臨時休業になる場合があるので、確認してから行くと安心です。

発見のきっかけはお猿さん

おの たえこさん(@taeson_29)がシェアした投稿

約1200年前、大福寿山の中に猿が住み着いている場所を見つけた村人が近づいたところ発見したのがこの不二洞。それ以降何度も鍾乳洞の探検が行われましたが、初めての成功は約400年前、藤原山吉祥寺の開山・安宗(あんそう)によるものでした。安宗はここを修行の場として様々な場所に仏教に由来する名前を付けたほか、“猿の穴”と呼ばれていた洞窟を山の名称にちなんで「大福寿穴」と改名。その名前は修行僧たちによって世間の人々にも伝わっていきました。神秘的でありながらも時におどろおどろしく感じる鍾乳洞は修行に適した場所だったのでしょう。

不二洞は地底のパワースポット!

不二洞

鍾乳洞の総延長は2.2km、そのうち700mが見学コースになっており、散策に要する時間は40分程。入口から続く120mの人工トンネルを抜けるといよいよ鍾乳洞が姿を現します。流れ落ちる滝のような形や溶けたロウソクのような姿、段が積み重なるようなものなど目にする鍾乳石の形態は様々。気が遠くなるほどの長い年月をかけて大自然が作り出した、まるで別世界のように不思議で神秘的な空間です。コースの中間あたりには、7回撫でて願い事をする叶うと言われている石柱「閻魔の金剛杖」があるのでぜひ立ち寄ってお願いしてみましょう!

■不二洞
住所
群馬県多野郡上野村川和665
営業時間
9:00~16:30 / 11月 9:00~16:00 / 12月から3月中旬 10:00~15:00
定休日
年中無休(天候により臨時休業の場合あり)
電話番号
0274-59-2146
料金
大人/800円、小中学生/500円、小学生未満/無料
HP
http://user.uenomura.ne.jp/kankou/view/fujidou.htm

シャボン玉の中を空中散歩「上野スカイブリッジ」

takano kanaeさん(@kanae_1125)がシェアした投稿

不二洞のすぐ近くにある「上野スカイブリッジ」にも足を運んでみましょう。川和自然公園とまほーばの森とをつなぐこの吊り橋は、高さ90m、長さ225mと徒歩専用としては日本有数の規模を誇ります。高さのある橋を渡っているとまるで空中散歩をしているかのような気分!下を見ると少しどきどきするかもしれませんが、澄んだ自然の空気に触れながら爽快感を味わえますよ。また、4~11月の毎日10:00~15:30の間、30分おきに10分間シャボン玉が舞う演出があり、メルヘンで素敵な風景を楽しむことができます。

■上野スカイブリッジ
住所
群馬県多野郡上野村川和
営業時間
8:30~17:15
定休日
年中無休(天候により臨時休業の場合あり)
電話番号
0274-59-2146
HP
http://www.uenomura.jp/tourism/play/skybridge.html

外界を忘れさせる涼しさと幻想的な空間で、残暑を乗り切りながら夏後半も楽しく過ごしましょう♪

※情報は記事公開日時点のものになります。