新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、掲載中のイベントは延期または中止、各施設や店舗は営業時間変更または臨時休業となっている場合があります。事前にイベント主催者や各施設の公式ウェブサイト等でご確認ください。

日本ではまだあまり知られていない台湾の秘境!!「忘憂森林」の景色を見に行こう。

忘憂森林
忘憂森林
photo by 加蛋不加價

日本で人気の海外旅行先といえば「台湾」ですよね。グルメやショッピング旅行がおなじみですが、台湾にも絶景として知られる秘境の地があるをご存じですか?それは「忘憂森林(ワンヨウサンリン/Wangyou Forest)」です。日本ではまだあまり知られていない、この秘境の地をご案内します。

「忘憂森林(ワンヨウサンリン/Wangyou Forest)」とは?

忘憂森林
忘憂森林
photo by 加蛋不加價

「忘憂森林(ワンヨウサンリン)」とは、台湾中部南投地区の山中、杉林溪(サンリンシー)にある林のことです。1999年の台湾大地震の時に沼地ができ、生息していた杉の木が枯れて、幻想的な風景となっています。沼地に枯れた木が何本も真っすぐに立っている姿は、不思議な絶景として話題になっています。

忘憂森林(ワンヨウサンリン/Wangyou Forest)

「忘憂森林」への行き方は?

忘憂森林
忘憂森林
photo by e_ella

台北駅から「忘憂森林」への行き方は、まず、新幹線で台中駅に移動します。台湾鉄道・台中駅から「杉林溪」行きのバスに乗り、片道約3時間の道のりです。バスを降りたら、車(有料)で約10分、徒歩で約30分で到着します。秘境と呼ばれるだけあって、交通の便はあまりよくありません。複数のバス会社が運行していますが、バスの発着時刻や場所を、前もってよく確認しておきましょう。神秘的な風景を見るには、晴れの日の朝早くからの観光がおすすめです。

台中駅から片道3時間以上かかるので、日本ではまだあまり知られていない忘憂森林(ワンヨウサンリン/Wangyou Forest)。台湾旅行のリピーターなら、ぜひ訪ねてみたい秘境絶景スポットです。

この記事は2017年8月15日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。