パリならこんなに安く買えちゃうの? 賢い女子なら現地の薬局でフランス発のコスメを買いだめしちゃおう!!

高品質で多くのファンをもつフランス発のコスメ・化粧品ブランド。きっとアナタのお家にもいくつかあるのではないでしょうか? 品質はたしかに良いのですが、日本国内で購入すると関税などの都合で少々お値段が張るのが悩みどころ…。ところが本場パリの薬局に行けば、「あっ!」と驚くお得な値段で購入できちゃうんですよ。この記事では、そんなパリの薬局で購入できる商品とおすすめの薬局についてご紹介いたします。

フランスの薬局(イメージ)
フランスの薬局(イメージ)

パリに行ったら絶対買うべきおすすめコスメ・化粧品5選

ビオデルマ(BIODERMA)

日本でも大人気のビオデルマ・クレンジングウォーター。メイク汚れをしっかり落とすのはもちろん、お肌に潤いを与えてくれ、敏感肌の方でも問題なく使える超優秀おすすめアイテム。荒れがちなお肌を健やかにするキュウリ果実成分も大活躍!日本だと2500円~3000円ですが、パリならなんと8ユーロ(1000円弱)で購入できます。

アヴェンヌ(Avene)

こちらも超有名なフランスコスメブランド。南フランスのアヴェンヌ温泉水から作られたコスメグッズは、お肌に潤いを与えて元気にしてくれます。中でも人気のハンドクリームは愛用してる方も多いはず。ベタベタせず、すっと肌になじみ、なおかつ乾燥を抑えて手荒れを治してくれる優れものです。日本だと1500円ぐらいが相場ですが、パリならなんと4ユーロ(500円弱)。人気の化粧水も約1/3のお値段で購入できます。

ユリアージュ(URIAGE)

日本でも愛用者の多いユリアージュのリップクリームは一度使うと手放せなくなるほど、しっとりプルプルの唇が手に入ると評判ですよね。敏感肌の方にも肌なじみが良く、温泉水を使ったユリアージュウォーターもおすすめ。ちなみにリップクリームは日本だと1000円ほどのお値段ですが、フランスならば3ユーロ(400円弱)ほど…!これはお土産にまとめ買い必須ですよね。

ヴェレダ(WELEDA)

スイス発祥オーガニックコスメとして有名なヴェレダ。こちらのオイルをマッサージに使うと、セルライトが消えると話題になりましたよね。この大人気ボディシェイプオイルの購入はマスト。日本では、4000円弱で購入できますが、パリなら15ユーロ(2000円弱)。とってもお買い得ですよね。

ニュックス(NUXE)

今や世界中で大ヒットとなったパリ発のナチュラルコスメブランド、ニュクス。中でも人気のプロディジューオイルは、全身に使えてさまざまな刺激からお肌や髪を保護してくれ、心地良い上品な香りも人気。パリジェンヌ御用達として、セレブにも大人気。一度使うと手放せなくなると日本でもファンが急増中です。日本で購入すると3000円ほどですが、なんとパリでは約10ユーロ(1200円ほど)!たくさん買って帰りたいですよね。

では早速、そんなフランス発のコスメが購入できる薬局を見ていきましょう!

パリのおすすめ薬局その1 「シティファーマ」

まずひとつ目のおすすめ店は、シティファーマ(CITYPHARMA)。こちらの薬局は“パリで最も安いドラッグストア”として有名で、地元の人から観光客まで常に混雑している人気店。広い店内にはもちろん上記でご紹介したコスメブランドもありますよ。また2個買うと割引という商品も多いので、まとめ買いにも最適。その他ニュートロジーナなどのヨーロッパ発ブランドも多数あり、品揃え&価格共にパリNo.1!? それから、175ユーロ以上購入すると免税対象になるので、覚えておきましょう。

シティファーマ
住所
26 rue du Four 75006 Paris
営業時間
08:0~20:00
定休日
日祝

パリのおすすめ薬局その2 「ファルマシー・アングレーズ 」

次におすすめなのが、ファルマシー・アングレーズ(Pharmacie Anglaise)。シティーファーマはとても混雑しているので、ゆっくり商品を見て回りたい方にはこちらがおすすめ。ビオデルマ、アヴェンヌ、ニュクス等の取り扱いもあり、日本未上陸のフランス発ナチュラルコスメグッズもたくさん並んでいます。可愛いパッケージの石鹸やハンドクリームなど、思わず目移りして選べないかも!! ゆっくりと店内を見て回れるから、新たなお気に入りがきっと見つかります。またファルマシー・アングレーズは、なんと24時間営業。時間を気にせず立ち寄れるのも嬉しいですよね。

シティファーマ同様、こちらも175ユーロ以上購入で免税対象になります。

ファルマシー・アングレーズ
住所
62 avenue Champs Elysees 75008 Paris
営業時間
24時間
定休日
なし
フランスの薬局 店内(イメージ)
フランスの薬局 店内(イメージ)

いかがでしたか? 買い物をする際は一つのお店でまとめ買いするのがお得!! 免税割引をしてもらう際は必ずパスポートが必要なので、忘れずに持って行ってください。パリの薬局を利用して、お得にコスメショッピングを楽しんでくださいね。
くれぐれも帰りの荷物の重量にはお気をつけください!

この記事は2019年5月29日に公開されたものを再編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。