どこを切り取っても絵になる美しい絶景!! イタリア・ドロミテに行ってみよう

ドロミテ ハイカー
ドロミテ ハイカー

北イタリアの世界自然遺産に登録されている「ドロミテ」。イタリア語ではドロミーティと言い、広大な山岳帯に広がる彫刻のような山々や湖はどこを切り取っても絵になる美しい絶景です。

世界自然遺産「ドロミテ」

ドロミテ ハイカー
ドロミテ ハイカー

ドロミテは、およそ141,903ha(ヘクタール)の山岳地帯で2009年に世界自然遺産に登録されました。西の拠点はボルツァーノ、東はコルティナ・ダンペッツォでこの間をドロミテ街道が通っています。
広大な山岳地帯には、最高峰のマルモラーダ山を筆頭に3,000mを超える山が18峰もそびえ立ち、尖塔(せんとう)のように突き出した峰や岩壁、氷河やカルスト系の地盤など地質学的に価値のあるものばかり。地殻変動が起こった跡も残っており、自然の大きな力が感じられます。

ドロミテの見どころ

ボルツァーノからコルティナ・ダンペッツォの約100kmを結ぶドロミテ街道を中心に見どころをご紹介します。

カレッツア湖

カレッツア湖
カレッツア湖

カレッツア湖は “ドロミテの宝石”と呼ばれ、湖畔の森林の深い緑をその湖面に映し神秘的な雰囲気が楽しめる絶景スポットです。

カレッツァ湖

ジアウ峠

ジアウ峠
ジアウ峠

ジアウ峠からは、ラ・グッセッラ山などドロミテで一番美しい絶景が見られると言われています。

ジアウ峠
地図
Passo di Giau

ミズリーナ湖

ミズリーナ湖
ミズリーナ湖

“ドロミテの真珠” と呼ばれているのがミズリーナ湖です。湖畔に建つホテルや、周囲の山々を紺碧(こんぺき)の湖面に鏡のように映す景色は美しい絵画のようです。

ミズリーナ湖

トレ・チーメ・ディ・ラヴァレド

トレ・チーメ・ディ・ラヴァレド
トレ・チーメ・ディ・ラヴァレド

天にそびえる3本岩のトレ・チーメ・ディ・ラヴァレドは、標高2,999mの岩山群です。その周りには歩きやすく舗装されたトレッキングコースがあり初心者からベテランまで楽しめます。

トレ・チーメ・ディ・ラヴァレド

車、現地ツアーを利用するのがおすすめ!

ドロミテ サンタ・マグダレナ教会
ドロミテ サンタ・マグダレナ教会

ドロミテは広範囲にわたるので車を利用して巡るのがおすすめです。ただし、時期によってはドロミテ街道の一部が使えない場合もあります。
ローカルバスでも巡れますが、運行時間や曜日などが限られているので注意が必要です。個人で巡るのが不安な方は、旅行会社の主催する現地ツアーがおすすめです。

ドロミテの観光シーズンは6月〜9月上旬頃まで。ぜひ、夏休みや秋休みに行ってみてくださいね。

この記事は2017年6月7日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、掲載中のイベントは延期または中止、各施設の営業時間変更または臨時休業となる場合がございます。事前にイベント主催者や各施設のウェブサイト等でご確認ください。