夕日が放つ神秘的な緑の閃光!! おすすめのグリーンフラッシュ観測スポット4選

宮古島 グリーンフラッシュ(イメージ)
宮古島 グリーンフラッシュ(イメージ)

「グリーンフラッシュ」という言葉、カメラが好きなら聞いたことがあるかもしれません。このグリーンフラッシュは「緑閃光(りょくせんこう)」と言う名前で、特別な条件の下でしか観測できないので遭遇率がとても低い、神秘的な現象です。ハワイなどでは「見た人に幸せが訪れる」と言い伝えもあります。人気映画の『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』でも夕日が緑の光をまとうシーンがあり、映画ファンの間でも人気の現象です。
この記事では、その「グリーンフラッシュ」の観測におすすめのスポットをご紹介します。

「グリーンフラッシュ」って、どんな現象?

「グリーンフラッシュ」とは、日の出や日没の一瞬だけ、太陽の上の弧の部分が緑色に光って見える現象のことを指します。
実は夕日が赤く見えるのと同じ原理で、日の出や日没といった斜めから入る太陽光の色のうち、波長の長い赤だけが散乱せずに地表に届くのが夕日が赤い理由。波長の短い緑色は、理論上重なり合ってはいますが、一般的な環境では赤色が強いので肉眼では捉えられません。

グリーンフラッシュ(イメージ)
グリーンフラッシュ(イメージ)

なんだか難しそうですが…いったいどういう時に見られるのでしょうか。
「グリーンフラッシュ」が起こるのに必須なのが“水平線もしくは地平線で日の出、日没が観られること”“空気が非常に澄んでいること”この2つが最低条件なのです。

国内でおすすめのグリーンフラッシュ観測スポット2選

さまざまな気象条件に左右されるので、発生確率はとても低いのですが、日本国内でも観られる場所があるんですよ!!

小笠原諸島父島 三日月山展望台(ウェザーステーション展望台)

小笠原諸島父島 三日月山展望台 夕日(イメージ)
小笠原諸島父島 三日月山展望台 夕日(イメージ)

日本国内でグリーンフラッシュが見えやすい場所として有名なのが、世界自然遺産・小笠原諸島の父島にある観光スポット「三日月山展望台(ウェザーステーション展望台)」です。父島の西側の海を臨むこの展望台は、水平線に沈む夕日が美しいと人気のスポットであり、夜は星空観測スポットとしても有名です。

三日月山展望台(ウェザーステーション展望台)

沖縄県石垣島 底地ビーチ

沖縄県 底地ビーチ 夕日(イメージ)
沖縄県 底地ビーチ 夕日(イメージ)

沖縄県の石垣島や宮古島も人気の観測スポットです。中でも石垣島の川平湾の底地ビーチでは、多くのグリーンフラッシュが見られると言われています。また、沖縄本島の中部から北部でもグリーンフラッシュが多く確認されています。

海外でおすすめのグリーンフラッシュ観測スポット2選

ハワイ諸島(ハワイ島/オアフ島/マウイ島/カウアイ島他)

ハワイ マウイ島 グリーンフラッシュ(イメージ)
ハワイ マウイ島 グリーンフラッシュ(イメージ)

観測率が高いと言われているハワイでは、さまざまなビーチでグリーンフラッシュを観測できます。見ると幸せになれるという言い伝えはハワイでも同じ。ぜひ、水平線が見渡せるお気に入りスポットを見つけてみてくださいね。

グアム島

ビーチ 夕日(イメージ)
ビーチ 夕日(イメージ)

日本からすぐ行ける、常夏の島グアムでもグリーンフラッシュを観測できます。ホテルやレストラン、ショッピングセンターが建ち並ぶタモン地区にあるビーチでも、運が良ければグリーンフラッシュが観測できるとあり、夕方には多くの観光客が訪れます。

非常に珍しいグリーンフラッシュですが、運が良ければさまざまな場所で見られる可能性があります。カメラが好きな人は旅行ついでにグリーンフラッシュ撮影のチャンスを狙ってみるのはいかがですか? 神秘的な緑の光に、きっと感動するはずですよ!

この記事は2017年3月17日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、掲載中のイベントは延期または中止、各施設の営業時間変更または臨時休業となる場合がございます。事前にイベント主催者や各施設のウェブサイト等でご確認ください。