都内からすぐ行ける!! ひんやり涼しい洞窟・鍾乳洞に行ってドキドキ冒険気分を味わおう!!

この夏、おすすめしたいひんやり涼しいスポット「洞窟・鍾乳洞(しょうにゅうどう)」 この記事で紹介する洞窟・鍾乳洞は、どちらも都内からすぐ行けるので週末のお出かけにピッタリです!! ドキドキ冒険気分も味わえて心も体も涼しくなる洞窟・鍾乳洞へ行ってみましょう。

江の島岩屋/神奈川県

江の島岩屋 内部
江の島岩屋 内部
画像提供:藤沢市経済部 観光シティプロモーション課

江の島観光とセットで楽しみたい「江の島岩屋」。江の島最奥部にある自然に作られた洞窟で、富士山の氷穴に通じるともいわれています。江の島は古くから龍神信仰の地として栄え、この岩屋も古くから江の島信仰発祥の地として崇められてきました。

江の島岩屋からの富士山
江の島岩屋からの富士山
画像提供:藤沢市経済部 観光シティプロモーション課

源頼朝が戦勝祈願に訪れたとも伝えられています。洞内は足元がしっかりと整備されているので、歩きやすくお子さんでも安心です。

江の島岩屋
住所
〒251-0036 藤沢市江の島2-5
営業時間
09:00〜16:00
駐車場
あり(有料)
電話番号
0466-22-4141(藤沢市観光センター)
入場料金
大人(高校生以上):500円、子供(小・中学生):200円
アクセス方法
電車:小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅下車後、徒歩約30分
HP
江の島岩屋 facebook

藤沢市役所観光シティプロモーション課様よりコメントをいただきました!

ロウソクの炎に照らし出された石仏や岩壁が来訪者を神秘の世界に誘います。岩屋へ続く岩屋橋から眺める相模湾と富士山も絶景!
HP:藤沢市観光公式サイト

※2020年4月5日現在のコメントです。

日原鍾乳洞(にっぱらしょうにゅうどう)/東京都

日原鍾乳洞
日原鍾乳洞

一見、ここは東京!? と疑いたくなるような、冒険心をかき立てられる「日原鍾乳洞(にっぱらしょうにゅうどう)」鍾乳洞の中はひんやりと涼しく外の暑さを全く感じません。

日原鍾乳洞
日原鍾乳洞

夜はライトアップもされていて、とてもロマンチックです。近くには奥多摩湖もあるのでぜひ、一緒に行ってみてください。

日原鍾乳洞(にっぱらしょうにゅうどう)
住所
〒198-0211 東京都奥多摩町日原1052
営業時間
4/1~11/30 08:00~17:00、12/1~3/31 08:00~16:30 ※年末年始休業12/30~1/3
駐車場
あり(無料)
電話番号
0428-83-8491
入場料金
大人(高校生含む):800円、中人(中学生):600円、小人(小学生):500円
アクセス
電車:JR青梅線奥多摩駅から、西東京バス日原方面行バスで約35分
HP
日原鍾乳洞

ひんやり涼しい洞窟・鍾乳洞に行ってドキドキ冒険気分を味わってみてはいかがですか?

この記事は2016年8月12日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、掲載中のイベントは延期または中止、各施設の営業時間変更または臨時休業となる場合がございます。事前にイベント主催者や各施設のウェブサイト等でご確認ください。